PS3値下げと3DS値下げの共通点

2011年8月18日にPS3が5000円値下げして発売されるようになりました。
そういえば、今月は3DSも値下げを行いましたね。

ゲーム機の相次ぐ値下げで、普段ゲーム機の情報を取り扱わない
メディアでも取り上げられたりしましたが私が思っていたこととは
少し違っていたりもしたのでちょっと書いていきます。

※勝手な個人的意見ですので、参考に閲覧ください※

●PS3本体値下げの意図

本質はメーカー様しか知らない。でお話は終わりますが、
それではせっかくのエントリが面白みに欠けますので丁寧に
思いを巡らせてみましょう。

PS3は発売されて5年経過したゲーム機です。
発売当初は本体価格の高さ(ハイエンドは59980円)や
ゲームソフトのラインナップが揃わないことから苦戦していた
普及ですが、段階的な値下げであったりマイナーチェンジ・
国内外問わず魅力的なゲームソフトが発売されていくにつれて
徐々に普及してきていました。

海外の場合はXbox360の普及が著しかったのですが、日本国内
では日本のメーカーというところからかPS3がWiiと共にシェアを
拡大しています。

そのような状態なのに、ここでの踏み込んだ値下げには今後発売される
PlayStation Vitaの事を考えざるを得ません。

新型PSPことPSVitaですが、今までのPSPとは違いPS3との
連携が更に強化されています。(PS3のゲームソフトがVitaで遊べる等)
おそらく、値段が下がれば年末商戦(クリスマス・お年玉・冬のボーナス)時に
購入してもらえる確率があがることも考えられます。また、その後だったり
そのタイミングで発売されるかもしれないPSVitaにも転じて関心が
高まる可能性も出てきます。

そういった、購入者の囲い込みとしての第一歩としての値下げのような気がしました。

●3DS値下げの意図

3DSの値下げについて詳しくは以下をお読みください

該当エントリ:Nintendo3DSが2011/8/11から15000円で販売/既存購入者への救済対応も

このエントリをお読み頂けば分かるのですが、3DSの場合は
3DSというゲーム機がこのままでは埋れてしまう危険性がありました。
それを回避するための大幅な値下げなわけです。

私は3DSは全然売れていないとは思ってません。
都市部にいれば、それなりの人とすれ違い通信でデータのやりとりが
行えますし、インターネット上を見ていてもやはりそれなりに
遊んでいるゲームフリークスはいます。では、何故テコ入れされたのか。
それは対DSと比べているからだと思います。3DSはDS程のインパクトが
未だ与えられていないという残念なところはありますが、
ブームをつくったDSとブームを作れていない3DSとでは分が悪いようにも
思えますが、この強力な値下げで順調にユーザーを広げて欲しいものです。

●共通点と違い

以上つらつらと書いてきて、共通点と言えば値下げが
「普及のためのテコ入れ」であるというところでしょうか。
ゲーム機メーカーはゲーム機だけを売っているわけではありません。
それに付随するソフトであったり、サービス、周辺機器を提供しています。
つまり、ゲーム機が売れなければゲームメーカーが倒れるわけです。
(ソーシャルゲーム・PC、携帯電話主体のネットゲームメーカーは除く)

そして、このふたつの値下げに違いがあるとすれば
PS3は今後発売される携帯ゲーム機への期待を賭けてのようで、
3DSはDSと比較しての低迷を挽回するため
でしょうか。

どちらもテコ入れという所では同じ方向を向いていますが、
細かく考えると違うように見える。というお話でした。

でもこういう話はどんな業界でもあると思いますよ。
自分の身近な商品でもそういうことがありませんか?

押してもらえるとやる気が出るそうです

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください