NintendoSwitch ゼノブレイド2黄金の国イーラ 感想

2018年9月14日に配信開始となりました、ゼノブレイド2 黄金の国イーラの感想を記します。

このゲームは既に発売済みのNintendo Switch ゼノブレイド2の追加コンテンツ(エキスパンションパス)の要素の1つとして配信されましたが、別ソフトとしても販売されており、ゼノブレイド2を遊んだことがない方でも遊ぶことが出来ます。。。。。

私は、黄金の国イーラをクリアして、再びゼノブレイド2を遊び直したくなりました。このゲームを楽しく遊ぶことが出来たなら、ゼノブレイド2本編も遊びたい!と思う人もいるかもしれません。そういう方の為に、参考ですが。。。。ゼノブレイド2+エキスパンションパス・黄金の国イーラ(パッケージ版)+ゼノブレイド2を購入した際の価格を記しておきます。RPG(ロールプレイングゲーム)が好き!!という方で、どのような形式で購入すればよいか悩んでいる方の参考になりましたら幸いです。

組み合わせ 価格(税抜
ダウンロード版ゼノブレイド2+エキスパンションパスセット 10,758円
パッケージ版ゼノブレイド2(定価)+(ダウンロード)エキスパンションパス 10,758円
パッケージ版黄金の国イーラ(定価)+パッケージ版ゼノブレイド2(定価) 11,960円

。。。。と、いうわけで、パッケージ版のイーラを遊んだ後にパッケージ版ゼノブレイド2を購入すると1000円程お高くなります。。。。これを機に両方遊ぶぞ!という方がいらっしゃいましたら、ゼノブレイド2とエキスパンションパスのセットの方がよいですね。。。。

私個人のオススメとしては、カセットを差す必要がありますが、パッケージ版ゼノブレイド2とエキスパンションパスのダウンロードです。RPGはデータがそれなりにありますから(このゲームの場合14GB以上必要)2018年現在保存容量がそれ程大きくないNintendo Switchの場合、本編はパッケージ版にして容量を浮かせる方が良いと思っています。

このゲームはゼノブレイド2本編の前日譚となる物語で、本編より500年前の時代が描かれています。本編未クリアでも楽しむことが出来ます。また、ゼノブレイド2と比べるとシステム部分で若干異なる部分があります。

エンディングまでクリア済み。ネタバレはありません。購入の参考に閲覧ください。

続きを読む →

2 人がよいねしてくれました

NintendoSwitch スプラトゥーン2 感想

2017年7月21日に発売されました、アクションシューティング「スプラトゥーン2」の感想を記します。

4対4のオンライン対戦が楽しめる、サードパーソンシューティングですが、相手をたくさん倒せば勝利!ではなく、自チームの色にフィールドを塗り固め、陣取りも行う「ナワバリバトル」が基本ルール。それ以外にも様々なルールの対戦を楽しむことが出来ます。オンライン対戦以外にも、switchを持ち寄ってローカル対戦を楽しむことも可能。

ヒーローモードクリア済。オクトエキスパンション購入済み。ネタバレはありません。購入の参考にご覧ください。

ジャンル:アクションシューティング
販売元:任天堂
発売日:2017年7月21日
CEROレーティング:「A」(全年齢対象)
定価:5,980円(税別)
リンク:公式サイト

続きを読む →

3 人がよいねしてくれました

NintendoSwitch ゼノブレイド2 感想

2017年12月1日に発売されましたRPGゼノブレイド2の感想を記しておきます。
プレイヤーは主人公レックスとして、大きな生き物のような大地”巨神獣(アルス)”を旅して”楽園”を目指します。

エンディングまでクリア済。エキスパンションパス購入済み。ネタバレはありません。購入の参考にご覧ください。

ジャンル:RPG
販売元:任天堂(開発:モノリスソフト)
発売日:2017年12月1日
CEROレーティング:「C」(15歳以上対象)
定価:7,980円(税別)
リンク:公式サイト(BGMが流れます。音量注意。)

続きを読む →

5 人がよいねしてくれました

オクトパストラベラーのコラボカフェに行きましたよ!

毎度の如く、秋葉原のスクエニカフェです。

今回はニンテンドースイッチで発売されました、オクトパストラベラーのコラボカフェ(後期)にお邪魔しました!
「あー、はいはい、ご飯食べて飲み物食べてね。わかるー。」
そうなんです。。。。が!!!!今回、展示物が!オクトパストラベラーをお好きな方でしたら、非常に味わい深いものかと思いましたので、エントリとして残します!!!!!

続きを読む →

1 人がよいね!してくださいました!

依存症は大変な病気だということ

ほとぼりが冷めてきて、丁度いいかなー。と思えてきたので、書き進めておきます。
まず、このエントリを読んでいただくにあたり、以下2点を心に留めて下さると嬉しいです。

  • 依存と依存症は明確に違う
  • 娯楽は適度に付き合えば、心が潤うものである

「依存」「依存症」は違います。
人は様々なものに「依存」する生き物ですが、「依存症」にまで至ると病気です。
そして、依存している人たちの多くは「病」ではありません。

今回、ここではWHOがゲーム障害という新しい依存症を認定したことについて触れていますが、コンピュータゲームは娯楽のひとつです。適度に付き合うことで、新しい体験が得られ、時に心を豊かにしてくれます。

私は、コンピュータゲームという遊びが世の中で末永く楽しまれることを望んでいます。
故に、ごく稀に起こる遊ばれる人によって「依存しすぎて死に至る」事例を耳にし、大変悲しくなり・またそういった人に救いがなかったのかと思っていました。
続きを読む →

8 人がよいねしてくれました