PSPクライシスコアFF7 感想

PSPのゲームソフト、クライシスコアファイナルファンタジー7

を紹介します。

 

 

このゲームソフトは、1997年1月31日に発売された

プレイステーション用ゲームソフト「FF7」の物語を補完

するために作られた「コンピレーションオブFF7」という企画のひとつになります。

 

ジャンル:アクションRPG
販売元:スクウェアエニックス
発売日:2007年9月13日
CEROレーティング:「B」(12歳以上対象)

定価:6090円(PSP本体同梱版は25890円)

リンク:公式サイト

 

ファイナルファンタジーシリーズの中でも、カリスマ的な

人気がある作品の外伝だけあって、作りも力が入っています。

 

※ネタバレはありません。購入の参考に閲覧ください※

 

 

 

★5つで満点。

[総合]★★★★☆ (携帯ゲーム機にマッチした作り)

[音楽]★★★★☆ (FF7プレイヤーは★5つでしょう)
[難易度]★★★☆☆ (操作は簡単だけれども)
[システム]★★★☆☆ (深さはある)
[物語]★★★★☆ (導入に強さあり)

●FF7ファンは購入して損はなし

 

まず、言えることはファイナルファンタジー7が好きな人は

購入すべきだと思います。

 

スクウェアエニックスが近年出した、シリーズ作品の外伝的な

作品にはハズレが多かったように思えたのですが、この

作品は、ファンにとって大当たりなだけでなく、FF7を知らない

人にも楽しんでもらえると思えるくらいの出来の良さがあります。

 

プレイステーション時代にカクカクのポリゴンだった

キャラクター達が、美麗なグラフィックで蘇った事も

嬉しいですが、更にボリュームアップしたBGMなども

ファンの心をわしづかみしてくれます。

 

この作品は、FF7ファンならば必携の1本となるでしょう。

 

 

●アクションRPGではあるが、難しさは皆無

 

ジャンルは、アクションRPGということですが、難しい操作は

要求されません。基本的に○ボタンゴリ押しで戦闘を

進めることになります。

 

魔法や特殊攻撃を行うための、コマンド選択があるのですが、

その操作をLRボタンで行う事が、若干面倒に感じられる

かもしれません。また、一度コマンド選択を移動させると、

その行動部分で選択が記憶されたままになってしまうので、

たとえば

 

「ケアル(回復魔法)」を一度だけ使いたかったのに、

次のコマンドを選択する際に、○ボタンを押したら前回の

行動であった「ケアル」部分にカーソルが移っていた

為に、二重に回復魔法をかけてしまった。

 

というような事も結構起こります。

コマンドカーソルを記憶させるか、させないか。

その部分に関してはオプション機能で設定出来れば

よかったかなぁ。と、思います。

 

操作キャラクターの行動を十字キー・アナログパッドで

行い、回避は□ボタン・防御は△ボタンとなっています。

ボタンを押してからの反応も軽快なので、ほぼ思ったとおりに

キャラクターを操作できますが、戦闘フィールドの

壁部分がわかりづらいので、回避しようとしたらキャラクターが

同じ場所で回転してダメージを受けるという事もありました。

 

イベントシーンでは、さまざまな要求をされる事が

ありますが、物語を進めるために、どうしてもクリアしなければ

ならない。という事は無く、うまくクリアすることで

報酬があったり、評価が上がったりするという感じです。

なので、苦手なイベントがあっても無理をする必要が

無いのも個人的には好感触でした。

 

●スムーズに進むが故に

 

物語はかなりスピーディーに進みます。

そう感じるのは、戦闘のテンポが良いことと、マップフィールドが

コンパクトにまとまっている影響でしょう。

お話自体も、面白く出来ているので次が気になり

どんどん進めてしまいたい衝動に駆られます。

 

だからこそなのですが、さまざまなやりこみ要素を

おろそかにしてしまいがちです。

(ミッション・マテリア合成・マップ上でのサブイベントなど)

 

ですが、それらはプレイを進める途中での息抜き

として楽しむことも可能なので、その際に活用

するのもアリかもしれません。

 

●携帯することを考えた作り

 

このゲームには、依頼をクリアしていくミッションという

ものがあります。これは、物語に直接関係があるもの

ではありませんが、クリアしていくことで特定の報酬があったりします。

 

ミッションはほとんどのものが、数分単位でクリア

出来るような軽い作りになっているので、ちょっとした時間を

活用して遊びこむ事が出来ます。

 

携帯ゲーム機だからこそ、こういうモードはありがたいですね。

 

●その他

 

いわずもがな、ムービーが綺麗です。

FF7アドベントチルドレンの際に使われた3DCG技術が更に

向上しているのかな?と、感じられるようなグラフィックが

垣間見えます。

 

そして、通常画面もFF12の際に培った感情表現が活きて

いるおかげで、キャラクター達の新鮮な気持ちを感じることが出来ます。

 

また、FF7の名前を冠しているだけあって、懐かしいシステム音、

ウインドウ画面もあり、本当に楽しめました。

 

●総評

 

今回、このソフトを購入するにあたり、非常に迷いました。

ここ最近のスクウェアエニックスの外伝的な作品が自分には

合わない事が多くて、シリーズファンとしては良くガッカリ

していた為です。

 

ですが、この作品はFF7を遊んだ事がある人なら、懐かしく

なるのは間違い無いですし、また、その作品を知らなくても、

ザックスという主人公の生き様を楽しめる内容に仕上がっていて、

PSPを持っている人ならば遊んでほしいな!と、言えるような

出来栄えになっています。

 

総合評価で★4つになっていますが、限りなく5つに近いですし、

FF7ファンとしては★5つつけてあげたい気持ちです。

購入しようかどうしようか迷っているファンの方がいらっしゃいましたら、

どうぞ手に取られてみてください!

 

 

1 人がよいね!してくださいました!

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す