Wii ゼノブレイド 感想

Wiiで発売されています「ゼノブレイド」を紹介します。

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)

ジャンル:RPG
販売元:任天堂(制作:モノリスソフト)
発売日:2010年6月10日
CEROレーティング:B(12歳以上対象)
定価:6800円(税込)
リンク:公式サイト

世界には果てない海と、二柱の巨大な神。
かつて彼らは激しく戦い、そして沈黙した。

その神の下で暮らす者達の物語です。

※ネタバレはありません。購入の参考に閲覧ください。※
※クリア済み感想になります。※

★5つで満点。

[総合]★★★★★ (万感の思いが宿るRPG)
[難易度]★★★☆☆ (遊び切るつもりなら★4つ)
[物語]★★★★★ (続編なんていらない)
[音楽]★★★★★ (昼と夜、様々な地域の特色あり)
[システム]★★★★☆ (ロードは気になるも、ほぼ快適)

●これが私好みのRPG

ゲームソフトも、様々な変化を求められているものだと
思いますが、斬新さが無くとも「面白い」は証明されることを
見せてくれたのが、このゲームソフトです。

つまるところ、ゼノブレイドにはゲームソフトとして
斬新な要素はひとつもありません。ですが、今までの
RPGがバランスよく含まれていて、楽しいと感じさせて
くれています。

長くRPGというゲームジャンルを触れていますが、
これほどまでに中身が詰まったRPGに出会うのも
久しぶりだと感じました。

●簡単でありながら、奥深い戦闘と「未来視」

RPGにおいても、戦闘というのは大切な要素です。
むしろRPGだからこそ戦闘は単調さが命取りになります。

レベルを上げることでより強いステージに向かうことが
出来るRPGは普通に遊ぶと、レベルをあげる作業が待っています。
作業があまりにも単調すぎると、そのゲームで遊ぶモチベーションが
下がります。そこをゼノブレイドは、広大なフィールドとそこを自由に
動き回るモンスターと戦うことで、面白さを補っています。

また、強い敵と弱い敵が混在することで、広いフィールドを
行き来する際にも適度な緊張感をプレイヤーに与え、
探索することで思いがけない風景や発見も見せてくれます。

戦闘中も、主人公キャラクターの特殊な「未来視」という
ものが発生することで、敵にやられる可能性を事前に知り、
それを回避するためにどう戦うか?という猶予が与えられます。
これにより、ただ闇雲に戦うという遊び方から
「どう戦えば負けないか」という方向へ思考を広げる
ことを誘っているところも良いところですね。

●神話をなぞる物語

ゼノシリーズは、神話・宗教・思想・心理といった要素を
含んでお話が構成されているように思われますが、
今回のゼノブレイドもその片鱗がチラホラ見えます。
それでいて、わかりやすい展開でグイグイプレイヤーを
引き込んでいきます。

過去のゼノシリーズは、わかりづらい言葉が
多くプレイヤーを混乱させることもしばしばあった
のですが、今回はWiiという媒体を考慮してなのか
物語を進めていく中で特に引っかかりを感じることなく
楽しむことが出来たと思います。

ただ、ゼノとしての空気が無くなったわけではなく、
わかりやすさを保ちながらも、繊細でありながら
どこか生々しい雰囲気はちゃんとあります。

●その他

独特ならいい。広ければいい。きれいならいい。
そういうRPGは数あります。ですが、ジャンルを問わず
それらの要素は、突出していればいいというわけでは無いと
思います。

バランスが保たれてこその面白さです。

ゼノブレイドはそのバランスがすばらしいです。

セーブがほぼいつでも出来るというのもそうですが、
敵に負けた際のプレイやり直しも中継地点からすぐ
始まるというのもシステム面での「面倒さ」を削いでいます。
これは、すでに様々なRPGで搭載されている要素でも
ありますが、やはりリベンジへのスムーズな移行というのは
プレイの快適性を追求するにあたって大切なものだと
思います。

惜しむべきは、映像の質とスムーズなプレイ中にも感じる
ローディングにかかる微弱な時間ですね。

ですが、映像の質はゲームソフトの面白さを定義する上で
あまり重要ではないと思いました。

●総評

文句なしの★5つです。2週目を遊ぶにあたっても
面白いと感じられるものもありますし、Wiiでは実現しなかった
実績システムのようなものがソフトに入っているのも達成感を
与えてくれます。

私はこのゲームソフトをとても気に入っているのですが、
その熱狂的な気持ちを差し置いても、Wiiのゲームソフトで
ここまで出来るという驚きは絶えませんし、物語が示す
お話も大人でも考えさせられますし、子どもさんが遊ぶので
あれば、そこから得るものもあると思います。

WiiではRPGが不作という意識がありましたが、
このゲームソフトでその考えは無くなったと言っても
過言ではないでしょう。

Wiiをお持ちの方が、このRPGに触ってくださる事を願います。

4 人がよいねしてくれました

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す