Xbox360 カオスヘッド;ノア 感想

Xbox360で発売されています「カオスヘッド;ノア」を紹介します。

CHAOS;HEAD NOAH(カオスヘッドノア) Xbox360 プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】

ジャンル:妄想科学アドベンチャー
販売元:5bp ニトロプラス
発売日:2009年2月26日
CEROレーティング:Z(18歳未満購入禁止)
定価:7140円(税込) 廉価版は2940円(税込)
リンク:公式サイト

インターネットを含め、強い口コミで注目された
「シュタインズ;ゲート」より前に作られた科学
アドベンチャーシリーズになるきっかけになった作品です。

強い妄想癖のある主人公、西條拓巳と渋谷で
起こる猟奇殺人事件。何が現実で、どれが幻なのか?
そして全ての始まりに出会う物語です。

※ネタバレはありません。購入の参考に閲覧ください。※
※Z指定タイトルです。18歳未満は閲覧をご遠慮ください。※

★5つで満点。
[総合]★★★☆☆ (面白い!けど没入感は程々)
[エログロ]★★★★★ (想像力が強い人は注意)
[物語]★★★★☆ (次第に現実が分からなくなる感覚)
[音楽]★★★★☆ (歌はかなり良い)
[システム]★★☆☆☆ (スキップが遅い)

●あくまで「妄想科学」

このゲームに興味を持たれる方々には色々な
アンテナを持つ人がいるでしょうが、「科学」という
言葉が入っていると、やけに現実と比較して否定
しようとする人がいますが、カオスヘッド;ノアの
作中に出てくる「科学」はあくまでも仮想のもの
になります。科学を取り扱うSF作品の中でも、
現実的に云々というよりは強い創造性がある
「科学」になりますので、この一点だけは納得して
遊び始めて欲しいと思います。

●「妄想」が作中での「現実」なのか?

このゲームは、普通のテキストアドベンチャーとは異なる
選択肢があります。特定の状態でR/Lトリガーを押し込む
ことで主人公が「妄想」をすることが出来るのです。

そもそも、妄想をするのか?前向きな妄想をするのか?
ネガティブな妄想をするのか?

これらの選択を行うことで、物語が分岐していきます。
この分岐を続けることで、次第に今自分が進めている
話が(作中での)現実なのか妄想なのかだんだん
分からなくなってきます

考え方をそのまま実際の生活に持ち込むと非常に
危険な思想なのですが、自分を自分としているものは
何なのか?という所についても考えさせられる
哲学的な側面も感じました。

女の子がたくさん出てきて、主人公は男の子。この
時点で恋愛のそれを感じますが、このゲームには
そういう甘い妄想は(ほぼ)皆無なのです。

●グロテスクな精神攻撃

Z指定です。テキストアドベンチャーの場合は、エロ表現
に関して色々言われるのですが、このゲームは残虐な
表現の為Zになったと思います。

が、その為濃密なキスシーンの演出があったりと、
そういう演出もされています。

ですが、そんなシーンも吹っ飛ぶくらい文章での
痛い(肉体的・精神的)表現が多いのです。
ゲームの本質にも関わる所なので、多くは書けませんが
文章を読むことが得意で、想像力が強く尚且つ
気持ち悪い表現が苦手な人は遊ぶのを避けた
方が良いです。

私の場合、遊び始めて数日は夢にキました。
グロテスクな…というよりは、精神汚染のような
感じの夢です。「その目だれの目?」と沢山の
人に言われ続け詰め寄られる夢でした。

怖い夢だったと割り切れるから良いですが、
割り切れない人はやめた方がいいです。

●その他

BGMも良いですが、特にボーカル曲が良いです。
作品と密着している歌ばかりで、遊び続ける程に
歌の方も好きになれると思います。

「自分は登場キャラクターが好きでらぶちゅっちゅ
 したいんだー!」

という方はらぶちゅっちゅで遊べば良いと思います。

CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!(通常版)

ただし、ちゃんとカオスヘッド;ノアをクリアされてからが
良いと思います。

小難しい話も見られますが、話にリンクするキーワードは
ちゃんと解説テキストがありますので、そちらで補完する
ことで理解出来ると思います。

また主人公がネットゲーム、2ちゃんねるのような
掲示板を嗜んでいるので、それらの専門用語が
出てきますので、経験があるとより楽しめるでしょう。

●総評

★3つですね。

とても面白いお話ですが、同様の作品としてのシュタインズ;ゲート
も遊んだ身としては、こちらの方がシュタインズ;ゲート
よりも敷居が高いです。グロ・主人公が病的・マニアック表現
と、シュタインズ;ゲートの上をいっていたと感じます。

また、テキスト系ゲームに重要なスキップ機能の
速度が遅いのも周回プレイを求められるゲーム
なので致命的なマイナス点です。

トリガーの扱い方によっては、廉価版ソフトでは
フリーズも複数回発生しましたので注意が必要です。

360をお持ちで無い人には、PSPで2010年6月に
PSP版も発売されますので、挑戦されてみて良いと
思います。表現はいくつか修正されているようですが、
話は基本的に同一で、追加シナリオなどは無いです。

CHAOS;HEAD NOAH(通常版)

最初の よいねー しますか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL