Wii「おどるメイドインワリオ」 感想

 2006年12月2日に任天堂から発売されました、
「おどるメイドインワリオ」を紹介します。

B000INDBS2

 「メイドインワリオ」シリーズは、ゲームキューブ
などでも発売されていますが、数秒で終わることが
出来るミニゲームがかなりの数収録されています。

 Wii版でも相変わらずのバカっぽさが炸裂しています。

リンク:おどるメイドインワリオ 公式ブログ

※ネタバレはありません。購入の参考にどうぞ。※

★5つで満点。

[総合]★★★☆☆ (意外と体が動く…)

[音楽]★★★☆☆ (雰囲気に見合っています)
[映像]★★★☆☆ (メインはカードバトル)
[Wiiっぽさ]★★★★☆ (操作にはコツが)
[バカっぽさ]★★★★★ (思わずツッコミたくなる)

●リモコンの持ち方がドンドン変わる

 リモコンの持ち方(ゲーム中では「お作法」といわれます)が
どんどん変わります。初めて習う「お作法」の時は、外国の方が
日本語を喋るようなイントネーションで、持ち方を丁寧に
説明してくれます。

 ゲーム自体は数秒ごとにどんどん切り替わっていきます
から、次の「お作法」が表示されたら、持ち方を変更して
ゲームの準備…という感じで取り掛かっていきます。

 正直、結構な数の「お作法」が出てくるので、
これを考えられた方のセンスに感動します。

 だからじゃないですけど、余計にWiiの独自な感覚が
体験できると思いますよ。それと比例して、操作のコツを
掴むまでに苦労するミニゲームもあります…。

●瞬間の反応が大事だから

 12月2日発売のゲームソフトと言えば、どちらを購入
しようか考えたソフトに「Wii スポーツ」がありました。

 ですが、私は妊娠中の身なので、あまり激しすぎる動きは
心配です。…不測の事態を回避する意味でも、「おどる~」の
方をチョイスしたのですが、意外とこのゲームも体を
動かします
…!!

 それは長期持続的な動きではないのですが、瞬間で大きく動く
というものもあり、ちょっとびっくりしちゃいました。

 なので、腕だけを動かすわけではありません。なにせ、
「広いスペースで、立ってプレイしてください」という指示が
あるくらいですからね。

●されどミニゲーム集

 ミニゲーム集っていうのは、誰かと遊んだり・最初に遊ぶ時に
楽しさが最も感じられると思います。

 なので、複数回以上のプレイになってくると、面白みがガクリ
と下がってくる可能性があります。つまり、飽き易いかもしれない。
というのが欠点に上がります。

 逆に、あまりゲームに時間が割けないという方には、少し
体も動かせて、良い気晴らしになるかもしれません。

●総評

 このゲームを作られた方々が、以前販売されたゲームで
GBAの「リズム天国」というソフトがあります。プレイされた
方は殆どその独特の雰囲気に満足されたようです。

 このスタッフの方々が作られる作品は、どれもちょっと
“変わった”雰囲気がありますから、それらをWiiで楽しんで
みたい人も購入されてみてはいかがでしょうか?

 月並みな評価ですが、★3つです。
ですが、前述した「はじめてのWii」よりかは遊びごたえが
ありますよ。

最初の よいねー しますか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す