WiiウェアBIT.TRIP BEAT 感想

Wiiウェアで現在配信中のソフト、BIT.TRIP BEAT
を紹介します。

ジャンル:リズムアクションゲーム
販売元:アークシステムワークス
配信開始日:2009年4月28日
CEROレーティング:A(全年齢対象)
定価:500Wiiポイント(500円相当)
リンク:メーカー公式サイト
リンク:任天堂公式ページ

Wiiリモコンを横に持って、ひねることで
画面上のラインを前後に動かし、
流れてくるドットを音楽に合わせて
打ち返していくゲーム。

ブロック崩しの、玉がひたすら戻ってくる
感じと書けば分かりやすいかもしれません。

このゲームソフトは、みんぽすのモノフェローズにより
感想を書いています。
リンク:みんぽす
このエントリを記載する際の中立性は保たれています。

※ネタバレはありません。購入の参考に閲覧ください。※

★5つで満点。
[総合]★★★★☆ (個人的にWii向き)
[難易度]★★★★★ (一人でクリアを目指すのは厳しい)
[操作性]★★★★★ (ひねるだけのWiiらしい操作)
[音楽]★★★★☆ (テクノで中毒性あり)
[分かりやすさ]★★★☆☆ (親切な不親切感)

●ブロック崩しのボールがひたすら…

動画も貼り付けていますので、どのような
ゲームなのかは分かりやすいと思いますが、
言葉にするなら、

ブロック崩しのボールを
打ち返し続けるゲーム

という表現が適当でしょうか。
野球の千本ノックも真っ青な勢いで、
次から次へとやってくるボール…
ドットを、プレイヤーが操作するバーで
打ち返し続けるゲームです。

最初は、どんなゲームなのか分かりにくい
かと思いますが、ゲームを起動させると最初に
操作方法が分かりやすく表示されますので、
それを見れば一目瞭然です。

プレイを始めて、失敗を続けていると、
白黒のシンプルな画面に切り替わり、
Wiiリモコンからドットが当たったときの
ビープ音(しかも一音)しか流れなく
なります。

また、プレイを順調に続ければ、音に
厚みが出てきて豪華になっていきます。

1人プレイの時は、白黒画面になって、
失敗を重ねてしまうとゲームオーバー
という仕様になっていました。

●打ち返し続けるだけ。それで音楽が出来る

バーにドットをぶつけることで、BGMに
合わせてメロディーが流れていきます。
なので、ただ、ドットを打ち返しているだけ
という感覚にはなりづらいと思います。
ドットを返す=音楽を演奏している
という雰囲気が楽しめます。

また、ドットのやってくるパターンも
非常に豊富かつ、時間が経過する
ことで、非常に難しくなっていきます。
ですから、シンプルゲームにありがちな
あっという間にクリアーという事は
無く、むしろ十分に繰り返し遊べる
といえます。

また1人~4人までのプレイにも対応
しているので、他のプレイヤーさんと
協力して遊ぶことも出来ます。

●ファミコンテイストゆえに

ゲームの開始画面は、ファミコン初期のような
タッチの画面になっており、英語表記に
なっています。なので、小さい子供には
ちょっと分かりづらいかもしれません。

ゲームに親しみの無い人も、
「え?で、これ何するの?」
と、思ってしまう方もいるかもしれません。

雰囲気は良いのですが、もう少し
分かりやすさが入っていても良かった
かもしれません。

ただ、簡単なルールでありながら、
ちょっと遊び~やりこみまで出来て、
なおかつ多人数プレイも出来るという
点においては、Wiiでの遊ばれ方を
非常に意識して作られているなと
感じました。

●総評

総合★4つになりました、★5つに近い
4つという考えです。個人的にはWiiの
遊ぶ感覚とマッチしていたために、
非常に良いソフトと出会ったと思いました。

Wiiウェアは、ソフト紹介されている場所が
少ない為に、こういう新作ソフトはなかなか
日の目を見づらいと思うのですが、かっこいい
雰囲気のゲームで遊びたい。でも、ちょっと
触る程度で良いという人から、ゲーマーさん
まで幅広いユーザーが開拓出来るのでは
ないかな?と感じました。

これが500円でダウンロード出来るという
のは、ちょっとお得な気もしました。

押してもらえるとやる気が出るそうです

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す