DS デスティニーリンクス 感想

Nintendo DSのゲームソフト「デスティニーリンクス」を
紹介します。

デスティニーリンクス 特典 スペシャルサウンドトラックCD付き

ジャンル:アクションRPG
販売元:バンダイナムコゲームズ
発売日:2009年2月5日
CEROレーティング:A(全年齢対象)
定価:5040円(税込)
リンク:公式サイト

主人公は、古代文明の証が眠るとされる
島に用心棒として雇われる衛兵。そこで
古代文明の不思議と、調査隊の人々からの
依頼を受けたりするお話です。

Wi-Fi通信で他のプレイヤーとのデータの
やりとりをすることで、ヘルプとして自分の
プレイを助けてもらうことも出来ます。

※ネタバレはありません。購入の参考に閲覧ください。※

★5つで満点。
[総合]★★★★☆ (気軽に遊べてサクサク進む)
[難易度]★★★☆☆ (ただのボタンを押すアクションではない)
[操作性]★★★☆☆ (キャラクターと話す際の認識位置が気になる)
[音楽]★★★☆☆ (可もなく不可もなく)
[遊びやすさ]★★★★★ (ボリュームを維持しつつ、解決しやすさもいい)

●地味?話題性は少ないながらも良作

デスティニーリンクスが発売された週は、PS3デモンズソウル
と発売日が同じだったり、それ以降の発売ソフトも注目作
が多く、新規タイトルであるこの作品にとっては厳しい
門出となりました。

それゆえに注目を浴びる事は無いように
感じられますが、遊ばれている方々の満足度は
それなりに高いようにも感じられます。

ゲームの内容としては、PSPで超ビッグタイトル
になったモンスターハンターポータブル
(以降モンハンと記載)を彷彿とさせ、
実際それにシステムに極めて近い
ものが搭載されています。
(敵を倒して手に入れたアイテムを使って
武器などを生成する・クエストで希望された
品を納める・指定のモンスターを討伐するなど)

ですが、ドット絵で作られた2DアクションRPG
ということで、操作は簡単。マップ上を
動いている敵の隙をついてA・Bの攻撃ボタン
をタイミング良く押していくというものなので、
モンハンのような強いアクション性はありません。

ただし、いちど攻撃を行うと、次の攻撃を
行うまでチャージ時間が発生します。
強力な攻撃ほど、チャージ時間がかかります
ので、攻撃と回避を適度に活かす必要があります。
この部分が戦闘の楽しさに繋がっています。

●気軽に繋げるWi-Fi通信

この作品はWi-Fi機能を利用して、他の
プレイヤーのキャラクターを傭兵として
雇うことが出来ます。

この雇った傭兵は、探索中にXボタンで
呼び出し、強力な攻撃をしてもらうことが
出来ます。ゲーム内でも、デフォルトの
傭兵を雇うことが出来るのですが、遊んでいる
友達のキャラクターが助けてくれるという
所で、傭兵にも親しみが持てると思います。

Wi-Fi機能が搭載されているゲームの
場合「通信に時間がかかる」「通信がうまく
いかない」などの欠点もありますが、この
ような仕組みであれば、通信のデメリットを
受けることなく、快適に遊ぶことが出来る
ようにも思います。

他者の存在を感じながらも、強い干渉は
無いという所は通信プレイに馴染めない人
にとっては程よい刺激かもしれません。

●豊富なクエスト。逆に…

犬も歩けば棒に当たる。ならぬ、傭兵が
歩けばクエストに当たる。という感じで、
この作品には本当に沢山のクエストが登場
します。

現在進行中のクエストはメニュー画面で
簡単に確認することが出来ますが、どれが
メインシナリオに繋がっていて、どれがオマケ
クエスト(物語に影響しない)ものなのか
分かりづらいです。

また、クエストを進行中に他のクエストを
受けることも可能なので、複数のクエストを
同時進行するということもできます。
そのようになると、一度プレイをとめてしまうと
自分がどのような状況なのか混乱することも
あります。

相当な数のクエストが発生しますが、
そのひとつひとつを見ると序盤のもので
あれば、時間をかける必要があるものは
少なく、クリアしやすいので、プレイ時間的な
拘束はほとんど感じません。それ故に
クエストが多い=遊びにくいには繋がって
いないと思います。

●その他

下画面で簡単に進行中のクエストをチェック
することが出来るのではありますが、あえて
タッチペンを使うようなことにしなくてもよかった
かなと思います。

また、フィールド上のキャラクターに話し
かける際に、やや位置の認識が厳しいような
気がしました。敵に攻撃する際の当たり
判定は良いと思うのですが。

●総評

遊びやすい作品という所で、★4つが
総合評価になります。

幼稚園~小学生くらいでも十分に
遊べると思いますし、長く遊べる内容
だと思います。

ある程度ゲームを楽しんでいる人であれば、
聖剣伝説1~3に近いものを感じる
のではないでしょうか?

最初の よいねー しますか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL