[体験版]Wii 428 感想

公式サイト:428~閉鎖された渋谷で~(BGMが流れます)

428の公式サイトで実施されていた、体験版配布
キャンペーンに当選しました。すっかり発売日前ですが
体験版を遊んだ感想を残しておきます。

遊ぶ前は、購入しなくてもよいかな~。と思って
いたのですが、遊んでみると非常にお話に引き込まれた
ので、購入することにしました。

※ネタバレはありません。購入の参考に閲覧ください。※

実写で描かれる、渋谷での物語

役者さんを起用して、実際の渋谷で撮影された
映像を背景に進む、サウンドノベルというジャンルの
ゲームです。

あまりゲームで遊ばない人には、なじみのない
ジャンルではありますが、テレビで小説を
読み勧めていくようなものだと思ってもらえれば
結構です。

それに、視覚的・聴覚的・体感的に効果を
加えることで書籍を読む以上の刺激を楽しむ
ことが出来ます。

このゲームは、複数の登場人物の物語を
読み進めることで、全体としての物語を完成
させていきます。

所々で、選択肢があり、それによって物語が
様々に分岐します。もちろん、よくない展開に
なりクリア出来ない…バッドエンドになったりもします。

操作性・音楽・映像など

基本操作はWiiリモコンによるものですが、
そのほかのコントローラを使うことも可能です。
Wiiリモコンでの操作性もそこまで悪くありません。

テキストアドベンチャーに必須である、自動再生や
スキップ機能、既読テキストのチェックなども
出来るようになっています。自動再生に
関しては速度が3段階調整出来るようになって
います。一番早い速度でも速読が可能な人なら
追える速さになっていると感じました。

音楽も、かっこよく仕上がっていますし、
さすがにサウンドノベルだけに場面に合わせた
効果的な使われ方をしています。

シーンによってはリモコンの振動もあります。

映像については、背景で写真のように使われる
形がメインですが、役者さんの表情も魅力的で
見ていて変な違和感は感じませんでした。
あえて違和感を挙げるならば、みんな
格好よかったり、美人だったりするところでしょうか。
基本的に静止画が使われますが、重要な
シーンでは動画が入ったりもします。

キャラクターボイスはありませんので、
台詞を読み進める際の違和感も無いと思います。

システムに関しては、一人の登場人物を読み進める
だけではバッドエンドになります。複数の人物の
物語をタイミング良く進めることで、バッドエンド止まり
だった物語に変化が生まれ、先に進めたりします。

このように、一人を淡々と進める話ではなく、
様々な登場人物の物語を絡めて読み進めていく
事がこのゲームの基本になります。

バッドエンドについては、シリアスなものもあれば、
笑いを誘うような感じのものもあります。
実際、遊んでいると、だんだんバッドエンド見たさに
無理をしたくなります。

それに、バッドエンドを迎えると、ヒントを見ることが
出来るようになっています。(見ないで進めることも可)
なので、うまく進めないと行き詰まることも無いでしょう。

体験版の仕様

体験版では2人の人物の物語を作中の
1時間分遊ぶことが出来ます。遊んでいても
1時間ちょっとくらいのプレイ時間でした。体験版と
しては、しっかりと遊ばせてもらった気持ちがします。

システム周りの説明と、ゲームの特色を体感して
もらうために作られたのだな。と思いました。

おすすめポイント

実写ですから、抵抗感を覚える人もいるかと
思いますが、良い演出がされていますし、映像を
見ても楽しめました。少し、オーバーアクション
気味の表情がされているような気がするのですが、
それが合っていると思います。

物語の雰囲気もいいですが、登場人物の
個性的な特徴も楽しめます。また、意外と
人数が多いようなので、これらの人々が
物語の中でどのようにつながっていくのかが
気になります。

テキストを読んでいると、単語集というものを
見ることが出来るのですが、たわいない言葉から、
ゲームの進行の参考になるものも含まれて
いたりしますので、それらを閲覧する楽しみ方も
あるでしょう。

お値段は7000円ちょっとと、Wiiのゲーム
ソフトの中では高額な部類に入りますが、
操作面での難しさは無いですし、話の展開が
早いので、飽きることはないと思います。

むしろ、話を進めるうちにどんどん惹き込まれて
いくと思います。

…と、ベタ褒めしすぎていますが、サウンドノベルを
よく作られるチュンソフトさんが製作していますから、
納得というところです。

難易度は低いと感じるゲーマーさんもいるかも
しれませんが、Wiiを所持しているユーザーの
事を考えると、これくらいの親切さが良いかも
しれないな。と、感じました。

押してもらえるとやる気が出るそうです

あーにゃ

あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す