PS3 80GBとXbox360 60GBの違い

リンク:80GBの大容量HDDとDUALSHOCKR3を標準装備した「プレイステーション 3」(CECHL00シリーズ)発売発売日:2008年10月30日(木) 希望小売価格:39,980円(税込) (ニュースリリース)

東京ゲームショウ2008に合わせるような形で
PS3 80GBが以前の販売価格よりも値下げする
形での発売を発表されたそうなのですが…

ちょっとがっかりしました。

そもそも、PS3 80GBはPS2ソフトとの
互換性があるバージョンでの発売が
行われていたのですが、日本での販売は
一旦終了になっていました。

今回販売される80GBのPS3はPS2
ソフトとの互換性はありませんから、
現在発売されている40GBのアップグレード
版だと思ってもらって差し支えないでしょう。

このような事になるならば、そもそも
80GBの発売を日本で終了させる
必要は無かったのではないかな?と

日本で販売終了していたのは60GB
のバージョンでした。

(斎太郎さん、どんちゃんさん、指摘ありがとうございます)
感じたからこそ「がっかり」なのです。

Xbox360がハードディスクの容量を
増やした60GBを発表しましたが、
この新型に関しては肯定的に受け止める
事が出来ます。

2008年秋のアップデートで、ゲームソフト
のデータをハードディスクに書き込める
ようになるという発表があり、それの影響を
考慮しての60GB発売という風に考えれば
不思議はありません。

ですが、PS3の場合はもともとハードディスク
インストール対応でしたし、80GB
60GBも初期から展開していたのですから、
40GBが発売される際に打ち切る必要が
無かったと感じるからこそ、今回の発表に
違和感を感じるのです。

2008年内での、ハードディスク容量増での
新型発表ですから、似たようなものだと
思われるかもしれませんが、PS3の場合だと、
一時不良在庫として貯まっていたかもしれない
PS3 80GB60GB
を売り切る為の戦略として
販売終了の発表をして、駆け込み需要を
作り出したのではないか?

なーんて妄想もしてしまいます。

ともかく、あまりメリットを感じられない
発表だと思いました。

押してもらえるとやる気が出るそうです

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

3件のコメント

  1. 80GB版が日本で発売されていたことって
    ありましたっけ? 
    初期の60GBが最大だと思ってました。

    今回は価格がそのままでハードディスク増量、
    振動するコンローラまでついて確かにお得なんですが、
    インパクトはあまり大きくないですね。

  2. 日本でPS3 80GBが販売されるのは今回が初めてですよ。
    最初に発売されたのが60GB(CECHA)と20GB(CECHB)、そしてPS2互換が全くない40GB(CECHH)にシフトされ、今回の80GB(CECHL)です。
    互換性のある(ただし、EE非搭載)80GBが発売されたのは欧州(CECHC)と米国(CECHE)のみです。

    また、40GBを投入したのはコスト削減の為なので、60GBと20GBの販売(というか製造)を継続という選択肢はなかったのでしょうね。

    あと、今回米国と欧州では160GBも投入されるますが、日本は80GBだけです。(欧州は160GBのみ)

  3. ●斎太郎さん

    うわああ!60GBと壮大な勘違いを
    しておりました!

    な、なんですが、今までよりも多い
    ハードディスクの容量が出たとしても
    PS3の場合、あまりプラスに感じられない
    のですよね。私自身が活用していない
    からかもしれません。

    ●どんちゃんさん

    ご指摘ありがとうございますー。
    確かに、海外では80GBが発売されて
    いましたね。

    20GBに関しては、容量も少ないのでは?
    と思っていましたし、販売・製造が終了
    しても構わないと思ったのですが、
    60GBは続けて欲しかったですね。

コメントを残す