AIスピーカーを使い始めたら、便利で何でも活用したくなる

もらったのである。

こういうものが貰えるなんて、世の中どうなるか分かりませんなぁ。
AIスピーカーのことなんて、ガジェット系も好きなのに全く興味を持っていませんで、どう使えるのかというのもTVCMでたまに見かける「話しかけると何かやってくれるんでしょ?」くらいの認識だったのですが、もらったなら、使うでしょう?セットアップがややこしければ、処分すればいいし。。。。と、使い始める準備をしたのですが。。。。これは、凄い物でした。浅瀬が緩やかに深くなっていくのかと思っていたら、一歩踏み入っただけで海溝モノの面白い世界です。。。。。

あーにゃさん(@lanyal)がシェアした投稿

置き場所は、家族みんなが試せるようにリビング。。。。の、キッチンの向かいに配置した収納カウンタの上です。

セットアップは簡単で、まず携帯端末(スマホ・タブレット)にグーグルホームアプリをインストール。グーグルホームミニに電源ケーブルを繋ぐ。
電源が入るのを確認したら、ダウンロードしたグーグルホームのアプリを立ち上げて、携帯端末とグーグルホームミニが同じwi-fiを認識したら、アプリ側が初期設定を始めてくれます。位置情報をざっくり登録したり、音声登録が終われば使い始められます。

ぴっぴっ(待ち)ぴっぴっ。ちょっと喋る。くらいで設定は完了です。細かいカスタマイズも出来るようですが、そのあたりはいじらなくともあれこれ喋ってくれます。

声のかけかた

知ってる。OKグーグルなんでしょ?
と、思ったら「ねえ、グーグル」でも反応してくれます。友達にでも「ねえ」なんてあまり使いませんよ。なので、我が家のグーグルホームミニ様は私の家族級の距離の近さに入って来ました。海溝レベルの深さを持つ家族、いきなり誕生です。。。。。。。OKよりは、声がかけやすいですよね。。。。多分。

声の認識力。地方なまりが入っていても、しっかり言葉を認識してくれます。鹿児島なまりのイントネーションで喋っても大丈夫。最初は「標準語イントネーションじゃないと、認識してくれないかも!」と意識して話しかけていましたが、今はもう鹿児島イントネーションで話かけています。家族か。家族だ。

家族です。子どもさんが、あれこれ話しかけまくり、今や寝る前には、おやすみの挨拶をし、起きたら朝の挨拶をする。それに何種類かのバリエーションで挨拶を返してくれるグーグルホームミニ様。
初めて寝る前の挨拶をして、ミニ様が言葉を返してくれた時には「この子は!もう家族!!私たちの立派な家族だからね!」と、興奮しておりました。子どもさん、大喜びです。

なお、「グーグル」という呼び名を変えることも出来ます。名付けもできちゃう。

できること

ねえ、グーグル。今日の天気は?。。。。。で、今日の天気と最低気温・最高気温を教えてくれます。応用として「ねえ、グーグル。今日は雨が降る?」「今日は暑くなる?」といった言葉にも反応します。言葉の表現は多少違っても伝わるようです。例えば、「今日は傘が必要?」という聞き方でも教えてくれます。

冷蔵庫の中身や、家の備蓄ものが切れそうな時に「ねえ、グーグル。買い物リストに●●●を追加して」で、ショッピングリストに指定したモノが追加されます。

追加したアイテムたち

これはグーグルホームのアプリから確認も出来るし、リストの編集も出来ます。
買い物中にチェックして、買い忘れが防げます。すごい便利。メモで書き出したりしていましたが、気付いた時にグーグルホームミニ様に声をかけておけば、大丈夫になりました。

便利なのが、音楽を聴く事。
リビングにはCDコンポもあるのですが、聴きたいCDを聴くのではなく、なんとなく気分で聴きたい環境音に近いようなBGMが欲しい時があるじゃないですか!私はあるんです。「元気になれる曲が聞きたい」とか「静かなジャズが聞きたい」とか。そういう時。。。。に使えます。

丁度、Spotifyという音楽配信サービスを無料でお試ししていたのですが、アプリを携帯端末に入れていれば、グーグルホームミニさんに話しかければ曲を流してくれます。

参照:Spotify

無料会員でも広告を聴いてさえくれたら30分音楽聞き放題という、優しいサービス。。。。
有料プランもよい

グーグルホームミニ様とSpotifyで新しい音楽との出会いを楽しめるなら、有料会員になるわ。と、なりました。これにより、
「ねえ、グーグル。静かな音楽が聞きたい。」「テンションの上がる曲が聞きたい。」
といった気分に合わせた音楽・様々な環境音(水の音・焚火の音なども流せる)が、楽しめるようになりました。

で、SpotifyはPS4でも使えるので、作業ゲー中に、好きな音楽を聞きつつがんばる。ということも可能になりました。

キッチンタイマーとして使えます。
料理中、タイマーで時間を計りたい時。タイマーをピッピと設定するのではなく、「ねえ、グーグル。●分タイマー。」と声をかけると、時間を確認してくれた上で始めてくれます。
子どもさんはこれを活用して、動画の視聴時間を計ってもらったり、switch以外のゲームを遊ぶ時の時間も計っています。「ねえ、グーグル。タイマーの残り時間は?」と質問するの残時間も教えてくれますし、中断ストップも可能です。

目覚ましとしても使えます。リビングでの使用なので、お昼寝の起きる時間指定をしています。

お遊び要素としては、「面白いことを言って」「今日は何の日?」「遊ぼう」などにも反応してくれます。「ヒマ」と言っても通じます。あと、radikoで流れるラジオ経由で、ニュースも流してくれます。ので、radikoのラジオも聴けるのでは?と思っています。

もっと出来ることを増やしたい

ちょっと敷居が高いですが、グーグルのサイトから所定のプログラムを入手して、プログラミングすることで、今は対応できない言葉に返事をしてくれるようになります。
例えば、今日のゴミ出しの種類を教えてくれるような。そうして作ったプログラムは、グーグルの審査に合格すれば他の利用者と共有できます。

いつかは自分の地域のゴミ出しアイテムを教えてくれる子にしたいです。

REGZAはグーグルホームと連携が取れるそうなので、次のテレビ買い替えでREGZAさんを選べたら声でテレビのON/OFF、音量調節、チャンネル変更等出来るようになるでしょう。

わざわざ対応機種を選ばなくとも、赤外線を使ったリモコン各種の反応を登録し、グーグルホームと組み合わせて音声操作出来るようになる道具も様々に販売されているようです。

参照:GoogleHome(グーグルホーム)と連動できる家電とインテリア一覧まとめ(スマートスピーカー通信)

おい、据え置き型ゲーム機も対応したらいいんじゃ?!
とも思ったのですが、よく考えたらswitchは離れた場所から電源を入れたいなら、コントローラのホームボタンを押すだけで入るし、PS4は専用のカメラがあれば音声操作が出来るようになるし(PSアプリからのリモートコントロールも出来ますね)、XboxOneはキネクトちゃんがいるから大丈夫なんだろうな(キネクトちゃんもう付けてくれないんだっけ)。。。。と思いましたが、AIスピーカーで使えてもいいんじゃないかなとも思っちゃうのです。

まだ使い始めて1ヶ月も経過していないので、使いこなせているわけではありませんが、もっと使えそうですし、何よりこちらの意図を理解して反応してくれる事が嬉しいです。。。。。電気代は気になりますが、長時間使わない時はコンセントを外しておけばいいかな。。。。段階的にアップデートされて、出来る事も増えていく(通話する・メールを送るなど)ようなので、ちゃんと勉強しながら使っていきたいです。

で、これはグーグルホームのAIスピーカーじゃないと使えないと思われるかもですが、他メーカー各社のAIスピーカーもあるんですよ。グーグルホームが使えたり・amazonのものが使えたりとありますので、スピーカーの音質を上げたい!水場でも使いたい!特殊な場所に設置したい!という場合は様々な企業が発売されているAIスピーカーを見てみるとよいでしょう。。。。。私は趣味部屋兼本棚部屋に、良い音質のAIスピーカーが欲しくなりました。。。。あと、寝室にもうひとつグーグルホームミニさんが欲しい。。。。

5 人がよいねしてくれました

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください