DS「ルクス・ペイン」 感想

DSのゲームソフト、「ルクス・ペイン」を紹介します。

ルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付き

ジャンル:伝奇ジュブナイル・アクティブADV
販売元:マーベラスエンターテイメント
発売日:2008年3月27日
CEROレーティング:「B」(12歳以上対象)
定価:5040円
リンク:公式サイト

人の心を読み取ることが出来る「Σ(シグマ)」
の能力者である主人公として、プレイヤーは
ある都市に潜伏します。目標は、猟奇事件を
起こす発端となる「サイレント」の除去。

※ネタバレはありません。購入の参考に閲覧ください。※

★5つで満点。
[総合]★★★★☆ (ボリュームと物語に圧巻)
[物語]★★★★☆ (次第に明らかになる事実に先が気になる!)
[難易度]★★★★★ (タッチペンスキルが要求されるかも)
[音楽]★★★★★ (文句なしですね)
[映像]★★★★☆ (キャライラストは綺麗)

●CEROレーティング「C」でもいいんじゃ…?

まず、最初に書かなければならないと思った事は、
この作品のテキストは非常に心をえぐるような内容が
多いです。生きるということ、死ぬということ、人と人の
想い…。こういうテキストは、思春期ならばもっと
ズシリと重く感じてしまう事もあると思います。

だからこそ、レーティングをひとつ上げても
よかったのではないかと感じました。

●予想外のボリューム・タッチペン操作の多さ

最初、このゲームを買う時には

「どうせ、いい感じのキャラクター全面に押し出した
 それなりなつくりなんだろうな~」

と、あまり期待をしていなかったのですが、
いざ取り組んでみると、霧のように晴れない
ぼんやりとした感覚の主人公。ちょっと特徴的な
町並み・登場人物。

それらの人たちの心を「Σ(シグマ)」で、
覗き見ることにより、明らかになる真実。

また、タッチペンでの操作はそれだけでは
無く、主人公の表情や、相手からの質問に
対する答え方でキャラクターに様々な変化が
与えられます。

深層心理に巣食う「サイレント」という生き物
との対戦になった際は、タッチペンを使って
攻撃を与えていくのですが、見た目はショボ
いですが、相手を攻撃するのに色々な
パターンがあり、単純にならないように
工夫されているところも良かったです。

…が!
ある攻撃パターンの際に、タッチパネルと、
タッチペンの感度の問題なのか、うまく操作
出来ない時がありました。

他にも、取扱説明書に書いてありながらも
操作方法がいまいち分かりづらい所もありました。
(複数のタームをかき混ぜる作業。
 素早くタッチペンで混ぜすぎるとうまくいかない)

●その他

キャラクターイラスト、音楽など、非常に
良く作られています。細かくチェックしておかないと
見逃すイベントもありそうです。

また、2週目要素もあるようで、これから
遊んで変化を楽しみたいと思います。

残念なのは、上画面の扱い。
イベントシーンなどで黒扱いになっている事
が多く、どうせならば、下画面のイベントに
合わせて、漫画にあるコマ割りのような
感じで演出があっても良かったのでは
ないかな?と、思います。

主人公の感情表現シーンも、もっと多く
あってもよかったかもしれませんが、
これくらいがしつこくなくて妥当なのでしょうか?

序盤はとにかく声が良く当たっています。
中盤減りますが、重要シーンではよく
声が出るので、これにもびっくりしました。

ボタン操作も出来る部分があるので、
タッチペンがしんどいなー。というときは
使い分けるのも良いでしょう。どうしても、
タッチペンのみでしか操作できない部分が
多いですが。

●総評

★、4つ!!
これは続編を期待しちゃいたいくらい、
面白かったです。カドゥケウスが好きな人
だったら、楽しんで遊べると思います。

徐々に明らかになる物語も、
「早く次を遊びたい!」
って気持ちにさせてくれます。

世界樹は続編モノなので例外として、
それ以外だったら、こんなにハマったのは
2008年では初ですね。

押してもらえるとやる気が出るそうです

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

2件のコメント

  1. ●るみさん

    現在のところ、続編の予定は無いようですね。
    面白いお話でしたし、タッチペンを使った
    要素もよかっただけに期待したくなるんですけど、
    ルクスペイン自体がよほどの本数売れたとは
    言えないので、続編は難しい…と考えるのが
    適当かもしれません。残念です。

コメントを残す