家族で東京ゲームショウ2017一般一日目に行ってきたよ

ガチで楽しむ方ではない感想です。

2017年9月23日。東京ゲームショウ2017一般公開日一日目に家族で行ってまいりましたので、その模様を紹介します。

天候はあいにくの天気。朝はまだ自宅周辺も雨が落ちていました。
起きてすぐ出かける準備をし、自動車で幕張メッセへと向かいました。横浜からですと、高速道路を走り1時間かかるかなー?という予測でした。

幸いなことに、一般道・高速道路共に交通事故などのトラブルも、大きな渋滞もなく幕張メッセへ到着。1時間以内で到着しました。

駐車場はかなり広い
駐車場はかなり広い

ディズニーランド周辺の駐車場程ではありませんが、幕張メッセの駐車場も広く、警備員さんも複数いらっしゃり、誘導もしっかりしていて安心して車を駐車出来ました。


駐車場から連絡通路を歩き、国際展示場へ到着。チケット販売ブースすぐ横にファミリーパーク向けの入り口がありましたが、特に行列形成はなく、入場が始まっていました。なお、ファミリーパーク入場は小学生以下とその保護者となります。
時間は10時少し前ではありましたが、前倒しで入場がはじまったらしく、既に展示場内へするする入場する家族連れ。。。。

冷房がかなり効いていました
冷房がかなり効いていました

実は、旦那さんと子どもさんの東京ゲームショウは2回目で、一昨年に一度訪れています。

軽くブースを見渡した後、子どもさんの本日の一番の目的

プログラミングブース
プログラミングブース

ゲーム制作体験を提供されているブースへ到着。ブースの方にいくつか問い合わせ。。。。
ワークショップ体験権をてにいれた!
ワークショップ体験権をてにいれた!

いくつかのゲーム制作体験ワークショップがあったのですが、子どもさんへの再度の聞き取りをする中で、scratch(スクラッチ)を利用したものが触りやすいだろうということで、そちらのワークショップに参加することにしました。

それまでの時間は自由時間となり。。。。

最初は。。。。
最初は。。。。

たまごっち!
たまごっち!

3DSで発売予定の「たまごっちのプチプチおみせっち~にんきのおみせあつめました~」を最初に遊ばれていました。。。

子どもさんの感想…むつかしかったけれど、花火やさんはタイミングが分かったら上手に遊べた。

ミニゲーム集で、様々なお店屋さんごっこを、たまごっちのキャラクターで楽しめるようでした。
む、無双がある
む、無双がある

お次は「あれがいい~」と、PS4真・三国無双8を試遊。
子どもさんの感想…〇ボタンを押していればいいんでしょ?!気持ちよかったー。

子どもでも気持ちよい無双アクション。男の子も女の子もみんな遊んでいました。
なお、旦那さんはしばしば無双系のゲームで遊んでいるので。。。。
旦那さん「えっ、これフィールド広くない?」
私「オープンワールド的作りになってるそうですよー。釣りもできる。」
旦那さん「そうなんだ。。。すごいね。。。ああ、でもこういう(戦い)のやっぱり気持ちよいよねー」
私「ストレス解消にはいいよねー」
旦那さん「こういうの、今の自分にいいかも。買ったら、子どもさんも遊ぶし」
私「あーっ、今回の私も遊びたいんだよねー」
旦那さん「みんな遊ぶなら買うしかないね!」
見事にプロモーションにハマる我が家でした。
なお、広いフィールドを散策しながら話を進めることも出来ますが、マップで目的地を選べばすぐ次の目的地へ移動するということも可能でした。

レトロゲームコーナーへ
レトロゲームコーナーへ

次はレトロゲームコーナーで「あれがいいー」ゲームボーイカラーのドラゴンクエストモンスターズテリーのワンダーランドをプレイ。
まあまあ過去のゲームだけど
まあまあ過去のゲームだけど

さて、子どもさんの反応は如何に?
かなり遊べる数がありました
かなり遊べる数がありました

子どもさんの感想…闘技場の相手が強かった!見た目が可愛くてきれいだよね。昔って言うほど古い感じがしないね。

好感触ですね。お次は。。。。
SFCドラクエ3
SFCドラクエ3

おとなりに設置されていたスーパーファミコン版ドラゴンクエスト3をプレイ。旦那さんも過去かなり遊び込んだソフトらしく、子どもさんが遊んでいる最中はドラクエ3話で盛り上がりました。
子どもさんの感想…笑ったわー!(ど、どこで?!) バブルスライムが大量に出てきて、どく危なかった。ドラクエ11でもカミュがどくで死んだんだよねー。このゲーム機のコントローラはボタンが押しやすかった。

レトロゲームコーナーは大混雑というわけではないのですが、遊んでいる人が常にいました。
ドリームキャストー
ドリームキャストー

その次は、ドリームキャストのミスタードリラーというパズルゲームをプレイ。

旦那さんと、動きがなめらかできれいだよねー。と言いながら眺めていました。
子どもさんの感想…楽しかったけれど、むつかしかったー。キャラクターがブロックにつぶれるところがかわいい。

そうか、つぶれるところの感じはかわいい認定ですか。

ここで少し時間が空いたので、ファミリーブースにあるからあげやさんで食事と飲み物を調達し、小休止。何か所かに椅子とテーブルもあったので、休憩している人たちもいました。

昼食後、お楽しみのワークショップ
昼食後、お楽しみのワークショップ

ワークショップスペースには、参加者の保護者が座れるようなベンチも準備されていて、落ち着いて待機できたところもよかったです。

プログラミングを「習う」子どもさんは増えているとのこと
プログラミングを「習う」子どもさんは増えているとのこと

scratch(ネット上で無料でダウンロードできるソフト)は、プログラミングをイメージとして理解するにはよいですよね。。。。私は、いきなりプログラム言語!意味が分かって来たら変数!とか!データベースとか色々!!と授業で習って、複雑なものを組もうとすると、それぞれの指示が整然と並べられなくて、単純なエラーをたくさん引き起こしていたのですが、こういうところから始めると、整理して考えやすかったかな。。。。と思ったりもします。


子どもさんはタイピングは不慣れですが、ノートパソコン自体は触っています。
マウスも操作出来ましたので、なんとかシンプルなゲームを組み上げ、楽しく試行錯誤していました。その「どうやって触る人を楽しませようか」「難しさはどれくらいにしようか」という楽しみは、ゲームを作る側の魅力ですよね。。。あっという間の体験でした。

子どもさんの感想…プログラミング?のようなものを教えてもらって、もっと作ってみたいって思った!scratch入れて!!!

帰路もありますので、今回は他一般展示などに行くことはなく、ここで撤収しました。
本当に極々軽い滞在でしたが、旦那さんと子どもさんに感想を聞くと。。。『2年前は遊べるゲームも少なくて、狭くて全然楽しくなかったけど、今年は以前来た時よりもブースも広いし、とにかく遊べるものがたくさんあったことが楽しかった!』と申していました。そう、今年のゲームショウ一般日は、私にとってはゲームショウを子どもさんと行っても楽しいかもよ!という可能性を試すリベンジでもありました。一昨年が、あんまりにもかわいそうだったので。。。。。

子どもさんにおかれましては『新しいゲームだけではなく、昔のものも遊べて楽しかった。』とのことですので、来年以降も、このような感じで子ども連れの方々を楽しませて頂けましたらと思います。。。。

私個人としましては、真・三国無双8試遊時に、モニターと子どもさん達との距離が近すぎるかなー?!と感じました。立ち位置ポイントを作ってあげるとか、モニターに近付きすぎない工夫があると、安心かな。。。と思いました。。。。
なお、ファミリーブースではこのようなものも配られていました。

みんなで楽しくゲームと付き合うには、こういう啓もうも忘れてはいけないところです。

7 人がよいねしてくれました

あーにゃ

あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す