PS2サモンナイト4 感想

 2006年11月30日に発売されました、PS2用ゲームソフト
サモンナイト4を紹介します。

B000DENXHU

 ジャンル:シュミレーションRPG
 CEROレーティング:「A」(全年齢対象)
 定価:7140円
 公式サイト:サモンナイト4

 現在30時間以上プレイした所でのレビューになります。
※ネタバレはありません。購入の参考にどうぞ※

★5つで満点。

[総合]★★★★☆ (冬にオコタでごろごろと。)

[音楽]★★★★★ (癒されます。そして眠くなる~)
[映像]★★★★☆ (イラスト可愛いですよね)
[システム]★★★★☆ (やる事が増えた)
[子供向け度]★★★★★ (まさに「全年齢」か)

●まさに「全年齢」

 CEROレーティングが「A」のゲームソフトって、結構あります。
ですけど、物語は意外と暗かったり、複雑だったり…というような
ゲームソフトもあって

「おいおい…本当に全年齢向けなの~?」

 と思う事も結構あるのですが、このサモンナイトシリーズは
安全・安心・信頼の「A」レーティング作品です!
エンディングのパターンによっては、「ちょっと…」という表現も
あるかもしれませんが、プレイするうえでは基本的に問題
ありません。しかも、物語も明快でシンプル。

 悪く書けば、王道すぎて賢い人だとストーリーの先が
読めちゃうくらいです。

 オープニング画面のまま、放置しておくと、いくつかの
バリエーションで「ゲームをプレイするうえでの注意」
キャラクターの声で喋ってくれる所なども、親切ですね。

●あえて刷新されないシステム

 シリーズを重ねるうちに、大幅にゲームシステムが変わったり、
ゲームの雰囲気自体変わってしまう作品もありますが、このゲームは、
基本的に最新ナンバリングでも大幅な変化が少ないゲームです。

 なので、従来のファンの人達には慣れ親しんだ感覚で
プレイを誘い、新しく遊んでみようと思う方からすれば、どのタイトル
からでも手を出していける魅力があります。

 もちろん、シュミレーションRPGとして大幅に改良できる点が
少ない事も理由として挙げられるのですが、召喚魔法の表現方法
なども、あまり更新されない例が多いです。(エフェクトの雰囲気は
若干変わったりしますが)

 細かい部分では色々と追加要素は入っています。
今回は、召喚獣に与える「食べ物」をプレイヤーが材料を準備して、
レシピをひらめいていれば、作り出すことが出来ます。

 前作では、食べさせてみないと好き嫌いが分からなかったのですが、
今回はこれが「●属性専用」と、決まっているので、与えるのに
失敗する可能性がなくなりました。

 これを行うことで、召喚獣の効果が上がったりしていきます。

 次に、防具をいくつかの種類にカスタマイズすることが出来ます。
これによって、装備する武器の攻撃力を上げたり、特定の異常効果を
無効化することが出来ますが、弱点も出来てしまうので、一長一短ですね。

 あとは、戦闘中に武器の持ち替えが可能になりました。
近距離武器と遠距離武器…という装備も可能になるキャラクターも
いますから、これで戦闘の効率が上がる場合もあるでしょう。

 前作に比べるとミニゲームが増えたような気がするのですが、
実は前作と数は一緒。ですが、どれもちょっとした息抜きに楽しめる
作りになっています。

 一つの話が終了する際に、仲間の一人と会話が出来る「夜会話」
システムは健在。これでキャラクターと仲良くなることで、
エンディングなどにも変化が起きます。

 序盤は1話ごとのボリュームはそこまでありませんが、
次第に必要な戦闘なども増えていくので、最終的には遊び応えを十分に
感じられることと思います。

●油断は禁物!

 このゲーム。油断していると戦闘で痛い目を見ます。
結構レベルを上げたうえで、イベント戦闘に挑んだのに、苦戦
する事もあります。

 子供向けの雰囲気を装いながら、こういう部分はしっかり
作られているんですよね。

 もし、なかなか話が進められない時は、
武器・防具の買い替えもそうですが、レベル上げ、防具に特性
を付けてみる…召喚獣に食べ物を与えてみる…という事を
試してみるのも良いかもしれません。

●総評

 忘れてはいけないのが、あくまでも「全年齢」。
しかも、今回は主要キャラクターの年齢が低いので、更に
低年齢層に訴える部分が強いです。

 なので、
「こういう展開よくあるよなー」
とか、
「子供っぽい話だな」
という部分を理解したうえで遊んで欲しいです。

 エンディングのパターンがいくつかありますので、
楽しめたのであれば、それらを見つけてみるのも良いかも
しれません。やり込もうと思えばかなりの時間遊べるはずです。

 「サモンナイト」という位置を良く分かっているな~。
と思わされるので、★は4つです。5つじゃない理由は、
今回の物語が「ちょっと子供向け過ぎる?」と私は感じたため
でした。でも、十分楽しめていますよ!

最初の よいねー しますか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す