WiiU/NintendoSwitch ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド 感想

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

6980
ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド
8.4

お話の魅力

8/10

    音楽

    10/10

      映像

      10/10

        むつかしさ

        6/10

          自由度

          8/10

            良い所

            • 自分の考えた戦い方が出来る
            • 綺麗な景色・どこまでも行きたくなるフィールド
            • 環境音を妨げない、どこか温もりのある音楽
            • リンクの意外な表情・一面
            • 謎解きの気軽さ

            気になるところ

            • 一部特技の使い方にコツが必要
            • 探索に夢中になりすぎて時間を忘れる

            2017年3月3日に発売されましたゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドについて紹介します。
            NintendoSwitch版でプレイしました。どちらで遊んでもゲームそのものの違いはありません。
            (もしかしたら、ローディング時間など細かな差異はあるかもしれません)

            メインクエストクリア済み。ネタバレはありません。
            購入の参考に閲覧ください。

            ジャンル:RPG
            販売元:任天堂
            発売日:2017年3月3日
            CEROレーティング:「B」(12歳以上対象)
            定価:6,980円(税別)
            リンク:公式サイト(BGMが流れます。音量注意。)

            ●子どもの頃の苦い記憶を払しょくしてくれた

            まだ小学校低学年くらいの頃、親戚の家?でゼルダの伝説を遊ばせてもらった記憶があります。ドット絵の、フィールドに点在している敵をかわしたり、倒したりしながら、先に進むために謎解きをしながら進むような。その頃のゼルダの印象は難しすぎる!!でした。今回、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを遊ぶことを決めたのは、プロモーション映像があまりにも素晴らしかったところにありますが、その過去の記憶から「遊びきれるかどうか」という不安が非常に強かったです。

            結果、無事にメインクエストをクリアするまでに至り、勇気をもってこのゲームを手に取って良かったと強く思っています。遊ぶ事が可能な環境下であれば、是非遊んでほしいゲームの一本です。

            ●主人公はリンク。でも…

            プレイヤーは、リンクというハイラルの英雄を操作して、ゼルダの伝説の世界を冒険することになります。
            始まりは、寂しげで何をどうすればよいのか分からない状況ですが、少し操作を進めると、そんなことがとてもちっぽけなことであったと思えるくらい、素敵な風景が目の前に現れます。私はNintendoSwitchで遊んでいたので、その風景はスクリーンショットで撮影して、今でも時折見返しています。それくらい強い印象を与えてくれた景色でした。RPGと言えば「与えられた課題をクリアする」形が基本なのですが、風景を眺めながら、とにかくこのゲームの世界を隅々まで歩いてみたい。その欲求の方が強くなりました。

            今回のゼルダの伝説のリンクは、様々な所に向かうことが出来ます。制限はありません。
            がんばりゲージ(体力のようなもの)を使って、走ったり・急斜面を登ったり・泳いだり出来ますから、池を泳いで渡ることも出来れば川・海も越えられます。そして、急峻な山脈に挑戦することも可能なのです。当然、がんばりゲージには限界がありますから、体力の減り方をチェックしながら、どのように探索を進めていくか?という計画性も求めらえます。どこへでも行けるのではありますが、だからと言っていつまでもやりたい放題でいられるとは違いますから、人それぞれの探索方法・冒険スタイルがあると言えます。

            それは、遊び方にも当てはまることで、ネット上のゲームフリークの間では、このゲームの様々な遊び方が提案されています。
            遊ぶ人が考えたことが自由に試行錯誤出来るRPGというのはそんなに多くはありません。あったとしてもバグが多く、行き過ぎた遊び方をするとゲームが遊べなくなるといった不都合が発生するものもある中、このゲームはかなり安定して遊ぶことが出来ていると思います。様々な遊び方が出来るということが、こんなにもゲームをわくわくさせてくれるのか!と感じられることでしょう。

            ゲーム中にある程度の自由が約束されると、物語とプレイヤーの結び付けが希薄になってしまうことがあります。
            その結果、本当は物語も一定の魅力があるのに、お話として上手く楽しむことが出来なかった。という例は様々あります。遊んでいる際、このゲームもそうなのかな?と思いましたが、ある程度メインクエストをこなすことで、徐々に登場人物に感情移入も出来、最終の目標を果たしてみよう。と、関心を持つことが出来ました。

            中心となる物語のボリュームは決して多いとは言い切れないのですが、ゲーム内の世界を探索して自分のやりたいことを行い・様々なクエストに挑戦するというスタイルとのバランスを考えれば、これくらいでも良いのかもしれない。と、私は思えました。

            ●謎解き、今回は簡単?

            ゼルダの伝説といえば、謎解き。のイメージが私はあったのですが、今回もその要素が存在します。
            ハイラルの土地の多数存在する「祠」を巡ることで、リンクの強化に必要なアイテムが手に入ります。祠にはさまざまな仕掛けがあり、その課題をリンクはクリアしなければなりません。すべての祠を巡ったわけではないのですが、祠の謎解きに関して言えば、極めて難しいというものには出会っていないと感じています。

            その理由は、謎解きが必要な祠には複数のクリアの方法が存在するからなのかもしれませんが、楽しく挑戦することが出来ています。

            また、「祠」以外にも、フィールド上に仕掛けがあったり、ちょっと息抜きになるミニゲームのようなものもあります。これでもか!という程の遊びの詰め込みです。メインシナリオをクリアしただけで遊び終わりとするにはもったいないゲームです。

            ●その他

            音楽の心地よさ、疾走する際の草を分ける音などの環境音の素敵さ、光・空気の表現、色。ブレスオブザワイルド(Breath of the Wild:野生の息吹)サブタイトルにもある、ブレスオブザワイルドの世界を感じさせる見た目やそれらにリンクが関わることで起きるアクションがとにかく気持ちよいです。

            操作については、最初はもちろん慣れを求められますが、SwitchならばTVモードで遊ぶにしても、パッドにジョイコンを取り付けて遊ぶにしても反応がおかしくなる…といった問題も特に感じられませんでした。

            遊んでいる状態のセーブは、ほとんどどこでも出来ますが、一部・本当にごく一部セーブが出来ない箇所が存在するので、そこだけは注意です。そういう場所に出くわした場合は、そのエリアから離脱するしかないのは、少し困りました。

            ●総評

            総評、8.4!高いですねー。難しさの部分で評価が下がっていますが、戦闘のスキルの使い方に習熟(慣れ)が必要な部分が結構あるんですよね。アクションゲームが得手ではない人にはちょっと辛いかな。と感じました。そこが影響で、総評が下がった形になっていますが、ゲームを遊ぶなら!これを遊んでほしい!と思えるくらい、しっかり作られていると思いますし、ちょっと遊ぶだけでも楽しい・がっつり遊び込んでも楽しい、メインクエスト遊ばなくても(全てこなさなくても)楽しい、景色を眺めているだけで楽しい、馬を走らせるだけで楽しい。と楽しいづくめなので、だまされたと思って遊んでほしいです。

            広大なフィールドながら、点在する祠などを活かすことで、短時間で様々な所に移動できるシステムも良かったです。
            時間に余裕が無い時は大いに活用させてもらいました。

            唯一残念なことが、序盤~中盤(特定状況下)での雨です。
            このゼルダの伝説、結構雨が降ります。雨が降ると、斜面が登れません。登山中に雨に遭遇すると大変です!いくつか回避方法はあるのですが、山登り中は結局影響を強く受けてしまうので、そうなってしまうと、違う事をやるしかない。という結果にもなります。

            物語を深く知りたい人によっては、追加のダウンロードコンテンツ(2017年冬?配信予定のもの)を遊んでみると良いかもしれませんが、昨今見受けるゲームのダウンロードコンテンツ販売の購入検討ポイントとして「対象のゲームをもっと楽しみたい/現状楽しめてもっと金額を払っても良いと感じているかどうか」と一考頂けるとよいかもしれません。あまり、踊らされすぎるのもどうかな。と、考えているのです。

            ネタバレになるので、仔細は記しませんが、ゲーム中のとある場所の探索を行うことで、より今作のキャラクターの形を知ることが出来ると思います。こういうのは、もっと分かりやすい形であってほしいと常々思っています。。。。

            WiiUでも遊ぶことが出来ますが、NintendoSwitchの購入を考えている方は、後者で触り、綺麗な景色を堪能して欲しいとも思います。。。。が、2017年現在、Switchは品薄な所もつらいです。そしてWiiUも日本国内では生産終了というところもつらいです。

            なので、追々NintendoSwitchを購入されたら!楽しまれてみてください。(有限ですけど)無限の楽しみが、待っていますよ!

            購入をおすすめしたい人

            • 面白いRPGで遊びたい
            • とにかく探検したい!
            • 物語を楽しみたい
            • 綺麗な風景に癒されたい

            注意点として、アクションゲームが特に苦手という人はしっかり考えた上で購入を決めてください。
            アクション要素が結構あるので、遊びきれない可能性もあります。

            4 人がよいねしてくれました

            あーにゃ
            あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

            コメントを残す