WiiU/PC/3DSドラゴンクエスト10 ver3.x 感想

ドラゴンクエスト10

ドラゴンクエスト10
6.2

お話の魅力

6/10

音楽

8/10

映像

7/10

むつかしさ

5/10

オンラインの賑わい

5/10

良い所

  • やっぱり遊びやすい
  • メインストーリーが魅力的
  • 新規フィールドが魅力的
  • ゴールドを貯めやすくなった

気になるところ

  • アップデートが小刻みすぎた
  • プレイヤーの数が減っているように感じる
  • 遊べるコンテンツが増えすぎ

WiiU/Wii/3DS/PC/ドコモDゲームで提供されていますオンラインゲームドラゴンクエスト10のバージョン3.xの感想を記してきます。
3.xメインシナリオ全クリア前の感想になります

※提供方法が非常に増えていますので、公式プロモーションページをリンクしてあります。

感想の都合、3.xのネタバレが存在します。ネタバレを見たくない方はブラウザを閉じる・戻るなどしてご覧にならない方が良いでしょう。
現状楽しくドラクエ10を遊ぶ事が出来ている方の閲覧はお勧めしません。購入の参考に閲覧ください。
バージョン3.xを遊ぶにはバージョン2.xのメインシナリオをクリアしておく必要があります。

2017年夏以降はPS4/Nintendo Switchでもサービス開始予定です。


ジャンル:オンラインゲーム
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2014年08月07日
CEROレーティング:A(全年齢対象)
リンク:公式サイト

●3.xメインシナリオをクリアしていないのに感想を書く

「RPGはクリアしてから感想を書くようにしたい」とかなんとか言っていた、あーにゃさんが!メインシナリオをクリアしていないのに!感想を書くなんて!!!!!と、思われるかもしれませんが、ドラゴンクエスト10をここまで遊んできて、メインシナリオの面白さは約束されたものだと感じているので、3.x最終のアップデートが来る前に感想を書いちゃいます。(もし予想外に最後のメインシナリオが残念だと感じられた場合、追記します)

バージョン3になってから、私自身のログイン率も様々な都合で下がっているのではありますが、遊び始めた頃から一続きとなるお話の先はやはり気になるので、時間を見つけて遊び続けました。月額1000円(※)支払う必要が出てきますが、私はメインシナリオを愉しむにあたって支払っても構わないと思える対価だと感じていますので、数日集中して遊ぶだけだったとしても、納得しています。

※…オンラインで遊ぶ為の月額料金。3ヶ月払いをすれば1ヶ月あたりの料金は下がる。キッズタイムを活用することで無料で遊ぶことも可能。

と、主張するくらい、やはり中心のお話は面白かったです。
惜しむらくはその提供方法だったのではないでしょうか?

●小刻みにする必要はあったのか

バージョン1・2と経て、今回のバージョン3で特に違和感だったことは、大型アップデートの際に提供されるメインシナリオのボリュームの少なさがあります。今回は竜の世界へ旅立つという、シリーズとしても長いドラゴンクエストの中でも過去の初代ドラゴンクエストなどを彷彿とさせる魅力的なキーワードがあったのですが、いざ蓋を開けてみると、3.x最初のアップデートでは竜の世界に行くことは叶わず、その後しばらくしてからやっと行くことが出来た世界でのお話も拍子抜けする程の少なさ・異界の冒険者に対しての対応もいきなりこんな好待遇でいいのか。と、感じました。その後のアップデートも、メインシナリオ以外の要素も含まれてはいるのですが、どうにも物足りない。。。と感じました。その後、それぞれに行くことが出来る地域で、追加の配信クエストもありましたが、新しい世界を旅できるのであれば、解放された時に既に配信クエスト(メインとは別に楽しめるお話)も遊べるようであれば、新しい世界を探検したい冒険者のプラスになったのではないかな。とも考えます。

メインシナリオのボリュームが少ないことを書き立てていますが、では、それまでのバージョン1や2と比較するとどうなのか考えると、トータルとしてはバージョン3が1番ボリュームがあるように感じられます。このあたりの物量については、アストルティアに詳しい方ならホイとデータを示すことが出来るでしょうが、私は体感で記していますので、考え違いがありましたらごめんなさいです。なので、3.x途中でドラクエ10を休止されている方が物語をこれから追いかけようとするならば、メインシナリオの量には満足できるかもしれません。

「それぞれの領界を歩き回るだけなら遊びは似通ってるんじゃないのー?!」と思われる人もいるかもしれませんが、最初の領界はなかったことにして(個人の印象です!)それ以降は、それぞれに魅力的なお話の作りにはなっていますし、バージョン2までの舞台であったアストルティアとの繋がりも徐々に明らかになりますので、わくわくします。また、それぞれの世界の景観も独特で、フィールドは広くないながらも歩き回る楽しさもあります。

●新コンテンツもたくさんありましたね

バージョンアップ以降も、メインシナリオ以外で新しく遊べる仕組みがどんどん実装されました。(公式イベント・配信クエストは除く)

  • 不思議の魔塔(制約のある中で塔の上を目指す)
  • ハッピーくじ(不定期開催の宝くじ)
  • モンスターバトルロード協力チャレンジ(プレイヤーが魔物を操作して協力プレイ)
  • 邪神の宮殿(高難易度ボス8人協力プレイ)
  • マイコーデ(見た目の格好を登録・既存装備の見た目を変えられる)
  • スライムレース(不定期開催・カジノで育てるスライムでレースを楽しめる)
  • アスフェルド学園(何故か学園モノ。人間の姿で遊ぶ。)
  • バトルルネッサンス(超強いモードのボスと戦える)

目立つものだけ書き出しましたが、定期的に魔法の迷宮で戦うことが出来るコインボスという強敵も増えていますし、細々したものはもっとあります

上記にプラスして、既存の遊びもあるわけですから、久しぶりにログインすると「何やろう」と思います。何をやってもいいのですが、過去のバージョンのプレイ感覚でいる人は、新しい要素にも気付きづらいのではないか?と思います。プレイヤーに合わせた新しいコンテンツへの結び付けをする何かが欲しくなりますね。

上記に記されているものの中で、バトルルネッサンス以外は遊んだのですが、どれも遊び始めるまでは「やる気湧かないなー」ということが多々あったのですが、遊んでみると(使ってみると)それぞれに魅力があるコンテンツではあることは分かりました。一時期(今も?)物議を醸すアスフェルド学園も、遊び進めると面白い仕組みではあります。

まあ。。。。アスフェルド学園は。。。。ドラクエで学園モノをやる必要が一切ないと感じていますので、前提として否定的なのですが、遊びとして楽しめるように作られている分、それならば導入をもっとドラクエ10の世界・アストルティア・レンダーシア寄りに作り込んで欲しかったな。という気持ちが強いです。依頼が来ました→行きました→学生です!淡々とした流れは残念でした。

●そのほか

音楽は相変わらず素敵なドラクエ音楽なので、お好きな方は心ゆくまで楽しめます。
今後、PS4でも提供されますので、PC・PS4ではグラフィック面の改善が期待されます。
最近、全サーバーでゲームプレイの動画配信が許可されたようですが、ドラゴンクエスト10を動画配信する方が減ったのかな?と単純に考えています。配信トラブルはしばしば指摘されているので、気軽なオンラインプレイを阻害しないようであってほしいと思います。
サーバーの混雑具合を見ていても、一時期の盛り上がり(アクセス)は無いように感じられます。休眠されているプレイヤーさんに遊んでもらう為に無料時間の提供などもされていますが、1番大切なことは、ドラゴンクエスト10の舞台であるアストルティアに再注目して、わくわくしたり、遊んでみよう!と思わせることではないでしょうか。

●総評

はい!6.2です!そういうところではないでしょうか。。。。
むつかしさの部分が半分になっていますが、メインシナリオで配置されているとあるボスが大変厄介で、相当苦労した記憶があります。メインシナリオであれほど苦労したのは初めてではないでしょうか?難易度選択があるにしても、かなり苦戦しました。私自身のプレイ技術であったり、キャラクターのレベル・職業もあるのでしょうが、強さのインフレは確かに感じられるので、これ以上メインシナリオ中のボスが強くなってしまうなら「ドラクエのオンラインゲームは難しくないから気軽に始められるよ!」というような薦め方は出来なくなります。

お話について、メインの所をベタ褒めしている割に点数が低いです。
これは提供タイミングが残念だったかな。と思い下がっています。
温かいご飯は温かいうちに提供されてこそ。冷たい食べ物は冷たいうちに食べるから美味しいわけです。どれだけお話が面白くとも、お客さんはいつまでも待ってくれるわけではない。。。。。です。。。。

購入をおすすめしたい人

  • ドラゴンクエストが好き
  • 分かりやすいRPGを遊んでみたい
  • オンラインゲームを体験してみたい
  • ゲームを遊ぶ時間を十分用意できる

3 人がよいねしてくれました

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す