WiiU WiiFitU 感想

WiiFitU

3,600
WiiFitU
6.4

持続性

7/10

    音楽

    6/10

      映像

      8/10

        むつかしさ

        5/10

          操作性

          6/10

            良い所

            • 軽い運動から始められる
            • 前作より出来ることが大幅に増えた
            • 他者ともプレイを楽しめる
            • ゲーム以外の運動も記録できる

            気になるところ

            • 続けるきっかけが乏しい
            • 全部の要素を遊ぶには必要なものが多い
            • 遊ぶ感覚を掴みにくいゲームもある
            • バランスボードの段差が気になる

            2017年2月1日現在、WiiUの生産は終了してしまいました。追悼、WiiUというわけで…
            WiiUで遊ぶことが出来ます WiiFitU を紹介します。

            このソフトはダウンロード版もあります。このエントリで表示されているものはダウンロード版の定価になります。
            また、ソフトだけでは遊ぶことが出来ません。Wiiで遊ぶことが出来るWiiバランスボードが必要です。

            ジャンル:フィットネス
            販売元:任天堂
            発売日:2014年2月1日
            CEROレーティング:「A」(全年齢対象)
            定価:3,600円(※ダウンロード版価格/税込)(Wiiバランスボード・フィットメーター同梱の場合価格が異なります)
            リンク:公式サイト

            ●なぜ今WiiFitUなのか

            単純に、今私が利用しているからです。WiiでWiiFitがリリースされた際のバランスボードがそのまま使えるということで、WiiU自体には発売段階でダウンロード版をインストールしていたのですが、直後は使うことなく眠っていたのですが、年が明けて、体を動かそうという意識を持続させるために「まず体重計に乗る」→「我が家にある体重計はバランスボードしかなかった」ということで、今あえてWiiFitUを使っています。

            ●せっかく体重を量ったついでに

            WiiUを立ち上げた、WiiFitUを準備した、体重を量った。おしまい!でも良いのですが、ここまで準備してしまうと、何かちょっとした遊びをしないともったいないと思ってしまう性なので、軽く体を動かす遊びを中心に挑戦しています。

            WiiFitUでは、WiiFitでも挑戦することができた、筋トレ・ヨガ・スポーツを模したミニゲームを通じて体を動かすことが出来るのですが、それにプラスしてダンスも出来るようになりました。

            ダンス・ながら運動については、それなりの運動量になりますので、挑戦した後「結構体を動かしたかもな」という気持ちになれます。ながら運動とは、Wiiリモコンプラスを所持したまま運動を30分~続けながら、テレビ等は切り替えても構わないというものでWiiFitでもありました。

            激しい運動は少ないので、通常身体を動かさない人が体を動かすきっかけになれば…という側面で利用を始めると良いでしょう。

            ●本格的な運動には不向き

            なんでも出来るイメージがあるかもしれませんが、バランスボードやWiiリモコンプラスを利用する都合、それなりに動きに制約が付きます。ですから前述したような激しい運動は期待できません。軽めの運動を重ねていき結果として長時間体を動かすことには向いていますが、思いっきり体を動かしてスッキリするというタイプの爽快感は得られないでしょう。

            そこを狙ってWiiFitUを利用してしまうと、結果としてバランスボードから足を踏み外してしまったり、Wiiリモコンプラスをおかしな場所にぶつけたりしてしまうおそれもあります。

            ●そのほか

            ヨガの動きも体験できますが、本格的なヨガを習った身からすると『お試し』の域を出ない動きですので、あくまでも参考・動きのヒントとして捉えると良いと思います。普段使わない筋肉を伸ばすような気持ちで…。

            ヨガ・筋トレ・ダンスについては、やるべき動きをキャラクターで丁寧に教えてもらえるので、かなり分かりやすいです。複雑そうな姿勢もモノによってはカメラワークを変えて見せてくれるので挑戦しやすいです。

            ゲーム形式の運動は、他のアカウントであったり、ネットワークを通じてのフレンドなどと記録を競うことも出来ます。こういうのはちょっとしたモチベーションの維持につながるかもしれません。

            ●総評

            総評6.4ですねー。

            触ってみると、WiiFitの時からの「目標値の設定」や「記録した体重のグラフ表示」の部分が非常にありがたいんですよね。体重だけではなく、身長を登録することでBMIも表示出来ますし、体重の変化を可視化するだけでもこのソフトを動かす意味はあります。

            しかも、テレビを付ける必要はなく、WiiUゲームパッドだけでも完結するようになっている所は嬉しいですね。
            からだ年齢測定をカットして体重を記録して終われるモードもありますから、時間が限られる時でも記録したい!という人にも扱いやすくはなっています。

            音楽も任天堂のソフトらしく、柔らかい雰囲気のものが多く「ガンガンゲームで遊んでいる!」という印象を抱きにくく、ゆるーくまったり触っている感触が程よいです。

            が、このソフトの大きな欠点、出来ることが増えた代わりに、準備するものが多くなった所にあると感じます。

            基本はWiiバランスボードがあれば良いのですが、全ての要素に挑戦するにはWiiリモコンプラス2個、フィットメーターが必要です。フィットメーターもリモコンプラスも必ず必要というわけではないのですが、特にリモコンプラスを使って出来る事は結構多いので、WiiUからこのソフトに手を出してみようと考える人には敷居が高いように感じられます。

            身体を軽く動かすことが出来るので、日頃運動から遠ざかっている人ほど触りやすくはありますが、使い続けよう!と感じさせてくれる要素が少ないかなと、感じます。軽く体を動かす→運動の良さを知るへの橋渡しにはこのソフトは未熟な所が多く感じられますね。

            1 人がよいね!してくださいました!

            この投稿へのコメント

            コメントはありません。

            コメントを残す

            この投稿へのトラックバック

            トラックバックはありません。

            トラックバック URL