WiiU/3DSショベルナイト 感想

ショベルナイト

¥2160
ショベルナイト
8.4

魅力的なキャラクター

8/10

音楽

10/10

ドット絵

10/10

むつかしさ

4/10

操作性

10/10

良い所

  • 懐かしいドットの2Dアクション
  • ファミコンなどを彷彿とさせる音楽
  • 今だから出来る遊びの詰め込み
  • 特定条件下での2Pプレイ

気になるところ

  • 気軽に2Pプレイが出来ない
  • アクションゲームが苦手な人には遊びづらいかも

日本ではWiiU、3DSで遊ぶことが出来ますアクションゲーム「ショベルナイト」の感想を記します。
海外ではPS4版もあり日本でもPS4・PSVitaで遊べるようになるそうです。 参照
販売形態がWiiUと3DSでは異なりますので、注意が必要です。
未クリアでの感想になります。

ネタバレはありません。購入の参考に閲覧ください。

ジャンル:アクション アドベンチャー
販売元:任天堂(開発:Yacht Club Games)
発売日:2016年6月30日
CEROレーティング:「A」(全年齢対象)
定価:2,160円(税込)(3DSパッケージ版は3780円/DLは2160円)
リンク:公式サイト音量に注意ください

●まずは、公式サイトを閲覧ください

…と、書きたくなるくらい、ショベルナイトの雰囲気を雄弁に語る公式サイトが公開されています。

ファミコンが大きく幅を利かせていた頃のゲームを彷彿とさせるようなドット絵、音楽がこのゲームの大きな魅力のひとつです。

昨今、このようなタイプのゲームは良く見られるのですが、よーく見てみるとドット絵風のグラフィックだったり、音楽も昔のビープ音っぽいけど実際は異なる…というものが結構あります。そういうゲームと比べると、ショベルナイトの映像と音楽は昔懐かしい雰囲気を楽しみたいと求めていた人にとっては『まさしくコレだ!』と言えるものではないでしょうか。

このように紹介してしまうと『では、今時の子どもやファミコンを知らない人は楽しめないのではないかな?』と警戒される人もいるかもしれませんが、現状私は子どもと一緒にこのゲームを遊ぶ事が多いので、懐古意識を持っていなければ楽しめないというわけではありません。

●見た目だけではない!ショベルナイトの魅力

ゲームの始まりから、ショベルナイトの世界はプレイヤーを楽しませてくれます。
そもそもタイトルだけでも随分気になりますよね。『ショベル』で『ナイト』なのですから。当たり前のようにショベルで旅する主人公…。立ちはだかる敵達。

探検するエリアは面形式になっていて、所定のエリアをクリアすることで、フィールドマップが開かれ、新しい面に行くことが出来るようになります。…例えるならばマリオ形式です!ただ、マリオ形式と異なるのは、フィールドには町が存在し、町の建物に入ることで、町の人たちとの交流も楽しめたり、冒険に役立つヒント・道具・技を得たりすることも出来ます。

こういう所の作り込みも丁寧な所が、非常に好印象でした。

また、特別に良い!と感じる所が、日本語の使われ方です。
このゲームは海外で作られたゲームなので、日本で発売されるにあたって当然日本語化がされています。
そうなると翻訳がどうしても心配になりますよね。不自然な日本語が使われていると興覚めしてしまう人もいらっしゃることでしょう。ですが、そのようなことが一切ありません。大変丁寧に、面白く表現されていて、安心して楽しむことが出来ます。

●遊び心地は硬派!

ちょっとおバカっぽい、ユルそうな雰囲気もあるショベルナイトですが、いざ遊んでみると最初の面もクリアできるだろうか?と思えるくらい難しい難易度です。

このようなアクションアドベンチャーゲームですと、ちょっと前に厳しい戦いを潜り抜けた経験があったので「なんとかクリアできるだろう」と反復チャレンジを続けているのですが、それでもなかなか序盤を抜けることが出来ません…。

以下に個人的に感じている難しいポイントを挙げてみます。

  1. 穴に落ちる…ショベルナイトが飛べるぎりぎり範囲の穴が結構ある。また、仕掛けを利用して飛び越えないといけない穴も多い。
  2. 敵のイヤラシイ出現ポイント…草陰に隠れている、穴を飛び越えた先にシュッと出てくるなど。
  3. 中ボス・ボスが強い!…文字通り。どう攻略するか動きを見てしっかり見極めないと全然勝てない。

面によっては、隠しルートなどもあるので、何かを期待してそちらのルートに足を運んでしまうと、想像以上に難しい操作を求められて、穴の餌食になることも多いです。

WiiUですと別売りのアミーボを使えば2人プレイが出来るようになるのですが、2人で遊べばクリアできるはず!とは思わない方がいいです…。ボスの体力が増えたりするので、下手をすると一人で遊ぶより厄介になります…。

●その他

難しいぞーと記していますが、そこを和らげてくれるのがリトライのやりやすさです。
面を探索していると、所々にチェックポイントがありますから、チェックポイントさえ通過していれば、リトライは最寄りのチェックポイントからになります。

また、ゲームオーバーの概念がありません。
敵にやられると当然、面の最初から・あるいは最寄りのチェックポイントからの再開になるのですが、「あと×回やられるとゲームオーバー」というものはありませんので、何度でも挑戦できるようになっています。

ショベルナイトは、町での様々な機能を活かすことで強化も出来ますから、それらを駆使することで先に進みやすくすることも可能ではあると思います。

●総評

間違いなく、懐かしい人には懐かしく、それらを知らない人には新鮮なゲームとして受け入れてもらえると思います!

が、いかんせんアクションアドベンチャー(2D横スクロールゲーム)が苦手な人には敷居が高い難易度だと感じます。キャラクターも個性的ですし、ひとつのエリアがとても楽しく作られているあたりも面白いのですが…!

腕に自信がある人は是非挑戦して頂きたいですし、WiiU版をダウンロードして、別途販売されているショベルナイトのアミーボを活用してもらえれば2人プレイも出来ますから、子どもさんや友達と挑戦しても楽しいと思います。(2人プレイが出来ないならばコントローラーを交互に使えばいいよね!)

今回私は3DS用とWiiU用2種購入して遊んでみたのですが、new3DSの場合、ボタンの硬さ・小ささにより、長時間のプレイには向かないように感じられました。WiiUの方ですと、Wiiリモコンならボタンの押し心地が軽いので遊びやすいですが、ゲームパッドですと重たいので疲れます。

また、WiiU版でアミーボを使い2人プレイ認証を行い、セーブをしたとしても、次遊ぶ際に再度アミーボの認証が必要になります。これは手間ですね。

と、いうわけで今回の総評は8.4となっていますが、ハード回りの触り心地を加味すると7.5くらいが相当するのではないでしょうか。

購入をおすすめしたい人

    ファミコンなどの昔のゲームで遊んでみたい
    フルプライスゲームではないタイトルで遊びたい
    アクションゲームが得意
    ちょっと変わったゲームで遊んでみたい

エントリ内にも記していますが、アクションゲームが苦手な人はクリアできない恐れもあるので、十分考慮した上で選ばれてみてください。なお、9歳の子どもと遊んでいますが、それなりに遊ぶことが出来ます。最初はうまく遊ぶことが出来なくとも、何回か繰り返し遊ぶことで上手に操作できるようになっています。

押してもらえるとやる気が出るそうです

あーにゃ

あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す