PS3「デビルメイクライ4」 感想

PS3の「デビルメイクライ4」を紹介します。

ジャンル:スタイリッシュアクション
販売元:カプコン
発売日:2008年1月31日
CEROレーティング:「C」(15歳以上対象)
定価:8390円
リンク:公式サイト

独特な悪魔崇拝が行われる土地に突然現れた
デビルハンター「ダンテ」を追う、主人公「ネロ」
彼の片腕に宿った、悪魔の力は?ダンテの目的は?

簡単操作でも楽しめる、スタイリッシュアクション。

このゲームソフトは、みんぽすのモノフェローズにより
感想を書いています。
リンク:みんぽす
このエントリを記載する際の中立性は保たれています。

※ネタバレはありません。購入の参考に閲覧ください。※

★5つで満点。
[総合]★★★★☆ (3より難しく、ボリュームアップ)
[物語]★★★★☆ (先が気になる展開)
[難易度]★★★★★ (フィールドが複雑化)
[音楽]★★★☆☆ (前回と変わっていないようにも…)
[映像]★★★★★ (モーション、細かいよ)

●アクション得意じゃない私の感想

私は、特別アクションゲームが得意なタイプでは
ありません。なので、今回の感想はアクションが
得意じゃない人がデビルメイクライ4を遊んだら
どうなるのか?
というところを参考にお願いします。

まず、キャラクター操作は、簡単操作設定が行える
ようになっているので、コマンド入力を覚える
必要が少なくなっています。

少なくなっていると書いた通り、ある程度の
入力方法は覚えなければいけません。

プレイ中に確認したい時があるのですが、
ポーズボタン中のメニュー内にはなかった
ような気がしました。隠しミッションによっては、
特定の操作技術が要求される部分があるので、
出来れば、プレイ中にも簡単に確認
出来るようになっていて欲しかったです。

基本的な操作方法については、チュートリアル
があります。これも、設定でON/OFFが可能で、
デビルメイクライシリーズを遊びなれている人
から言えば、良い設定だと思いました。

全体を通してみると、フィールドのしかけが
増えたように感じられます。ので、それだけ
キャラクターの操作テクニックを要求される
所が多いです。その分、難易度が上がった
ような感じがしました。

●隠しミッションは隠しだけど隠しじゃない

隠しミッションと呼ばれるものが存在して、
それぞれに出された課題をクリアすることで、
ごほうびがもらえたりします。

このミッションは、フィールド上に隠して配置
されているのですが、プレイを進めることで、
見つけやすくなります。なので、「隠し」
というわけではなくなります。

更に、このミッションは結構難易度が
高いので、私のようなユルプレイヤー
にはなかなか辛いです。

無視を決めたい所ですが、存在する
ことを主張されると、気になって見つけてしまう…。
それならば、分からない方がよかったかな。
と、思ってしまいます。

完全プレイを狙う人からすれば、
優しいサービスだと思うのですが。

●「ネロ」と「ダンテ」

以前から、さまざまな方面で情報が公開
されていましたが、一定の条件を満たすと
ダンテでも遊べるようになります。

デビルメイクライですからね。ダンテが操作
出来なきゃ!という所もあることでしょう。

ですが、ネロの操作も大変面白いです。
「悪魔の腕」を使うと、敵によって様々な
アクションを起こしてくれます。

その幅は、雑魚敵からボスまで、実に多用です。
画面いっぱいに広がるような大きな敵を
悪魔の腕で持ち上げて戦うシーンなどは、
圧巻です。

大きな敵も、今作は多いので、今までの
シリーズを遊ばれていた方々からすると
賛否両論かもしれませんが、これもまた
新しい「スタイリッシュアクション」を提供
してくれていると思います。

●その他

PS3の場合は、プレイを始める前に
HDDにデータをダウンロードしなければ
いけないのですが、かなり時間がかかります。
その間に、ラルクアンシエルの歌に合わせて、
デビルメイクライのこれまでの物語を
見ることが出来るんですけど、これもループ
するので、やっぱり待ち時間が長いと感じました。

その分、ロードが早いんですけどね。

音楽は、前作デビルメイクライ3とあまり
変わらない印象があります。一貫性を
打ち出すのであれば、それもまた良しかも
しれませんが、これがいつまで受け入れられるか
も気がかりです。

オンライン要素として、ランキングやフレンドの
プレイ状態などがチェックできるように
なっていますが、Xbox360の気軽さには
ちょっと勝てないような気がしました。

所々のフィールドで、次に行くルートが
見つけづらいです。マップがありますが、
細かくて判断しづらい場合もあります。

●総評

やはり、良く作られたアクションゲームだと思います。
難易度が上がったと書いてはいますが、
アクションゲームが苦手な人でも、ある程度まで
なら楽しめるようになっていると思いますし、
アクション慣れしている人達にも、満足して
もらえるボリュームが用意されていると思います。

映像表現部分でも、最新型の性能を
しっかり活かしていると感じられましたし、
それらを考慮して★4つをつけました。

ただ、シーンによっては少々残酷なシーンも
あるようなので、Cレーティングという事には
納得ですが、過敏な人には注意が必要です。

1 人がよいね!してくださいました!

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す