プラチナゲームズさんの10周年記念スタジオツアーに行ってきたよ!

去る2016年3月27日日曜日、ゲーム開発会社のプラチナゲームズさんが10周年を記念して企画されたスタジオツアーが催されました。ありがたいことに、今回当選となり神奈川某から会場かつプラチナゲームズさんのあります大阪へプチ旅行を兼ねて出かけてまいりました。その日の私の行動を含め、記しておきますので。。。参加されました方々は思い出に。。。惜しくも参加を逃された方は次回への思いを胸に。。。そしてプラチナゲームズには興味ないね。。。という方は、コンピューターゲームはこうやって作られているのねーと知って頂ければと思います。。。。

< 謝辞>
素敵なイベントをご用意頂いたプラチナゲームズのみなさま、当日大阪観光をしてくださったお友達、イベントをご一緒させて頂いたみなさま、夕食を一緒に食べてくれたお友達、本当に本当にありがとうございました!

いくつかお願いしたいことがあります。

当エントリの画像の引用・改変はご遠慮ください。文章の引用・改変もお断りします。
イベント内でのフリートークの具体的な内容については伏せさせてもらいます。
イベントに参加された方に限り、記念に残しておきたい画像がありましたら保存頂いても結構です。透かし文字が入っていないものもご用意できますので必要な際はコメント欄にてお知らせください。

エントリが長いので目次があります。最初から読むも良し、読みたい項目だけを目通しするも良しです。

 

ちょっぴり大阪観光編

まだ福岡に滞在している頃に、一度大阪に行くことがありました。
その時も日帰りだったのですが強く「もうちょっと早めに行動して大阪観光するんだった!!」と後悔しながら帰りの新幹線に乗りました。ので、今回はちょっと頑張ってイベントの参加時間より早めに大阪に入り、軽く散策をしてみよう。。。。と考えていました。

道に迷う可能性もあったのですが、まあ、その時はそれ。タブレット大先生のお世話になったり、いざとなったら人に訊ねつつでなんとかなるだろうー。と甘い姿勢で計画していましたら、ずいぶんとご縁が続いているお友達が大阪案内をしてくださるとのこと。え、いいんですか?!

新幹線の旅情については割愛させてもらいますが、想像していたよりもずっと早い印象でJR新大阪駅に到着。新幹線は大変ありがたい乗り物だなと改めて感動しつつ、中央改札を抜けると、すぐ友達にも合流することが出来ました。。。。今回が初対面だったのですが、ネット上での付き合いが長いと不思議なことにどんどん話せることが出てくるんですよね。趣味が合うということが分かっているからなのか、初めてお会いするにも関わらずノリノリでお話を楽しませてもらいました。。。!

新大阪からは、地下鉄に乗って なんばへ。
アーケードの商店街には沢山のお店。アーケード以外の通路にもびっしりとお店があり、密度がかなりのものでした。
それと同じ・それ以上に日曜のなんばは人が凄い数でした。


特に観光客の人が多く感じられました。海外の方々もそうですが、今は春休み・選抜甲子園とイベントもありますから、日本の方々も結構いらっしゃったのではないでしょうか。

昼食を兼ねて、友達おすすめのたこ焼き屋さんに向かう途中で、動くかに看板。

ここ!!!観光客の人たちがかなりの行列を作っていたわけですが、私の心をそれ以上に掴んだのは。。。。このお店の前のカニの香り!!!!!!食べなくても満たされるくらいのカニのかほり。。。。どうしてもカニを食べたくなったらかに道楽の前で香りに満たされればいいんですね。。。!!

目的のたこ焼きやさんに辿り着くまでの間。
たこ焼き ラーメン たこ焼き ラーメン 寿司 たこ焼き たこ焼き
というようにちょっと進めば食べ物やさんがあるんです。これからお店を開けようとしているところもあれば、お客さん達が並んでいるところもあるのですが、それでもまだお店の方に余裕があるというくらい、少しの距離に飲食店がこれでもかとありました。なんば、すごい。。。。

目的地は「わなか」というたこ焼きやさん。

ここも昼前ということもあり、お客さんが結構並ばれていたのですが、観光ポイントから少し離れている為か驚くほどの行列ではありませんでした。ここでは友達おすすめの何もトッピングをせずソースなども付けずふりかけた塩のみのたこ焼きを頂きました。

塩だけ?それだけでいいのかな?薄味すぎないかな?と思っていたのですが、全然そんなことはありませんでした!
たこ焼きの生地自体に出汁がしっかり効いていて、それだけで美味しいんです!でも塩っ気は強くないので、ふりかけてもらった塩がよいアクセントになり、たまごや小麦の甘さが引き立ちます。タコのサイズも丁度良かったです。焼きたてを食べるので当然かもしれませんが、外側はカリカリ。中はふわとろ。この外側のカリカリ具合もさくっとした歯触りの部分もあるくらいしっかりしたものなのです。それもまた美味しい。

たこ焼きに塩。。。。いやいや、それはないでしょー。と思っていたのですが、むしろこれがいいです!
こういうたこ焼きが食べられるなら、お店のたこ焼きをまた食べてみたいな。。。と思うのでした。

昼食を済ませて、お友達と談笑を続けつつ大阪日本橋のオタロードへ。

広い道路沿いにかまえられているお店に向かい縦横無尽に歩く人たち。
私「今日はお休みだから、歩行者天国なんですかねー?」
友達「えーっ、そうなのかなー?」
オタロードの起点になるであろう交差点の方を見ると。。。。歩行者天国指定の看板はありません。
私「えっ?歩行者天国でもないのにこんな自由に歩いてるの。。。。?」
友達「ここはいつもこんな感じなんですよねー」
大阪。。。おそろしいところ。。。。
オタロードはパソコンのお店、アニメイト、とらのあななどのお店もありつつ、フィギュアや様々なグッズの中古販売をしているお店が多い印象でした。その店舗のサイズがそれなりの広さなのでひとつのお店に入るだけでもゆったり中を楽しめそうでした。今回は当然お店には入りませんでしたよ!!!入っちゃうとね。。。お金が消えるんですよ。。。そして手元にですね。。。なんでだろう。。。欲しいと思っていたものがあるんですよ。。。そして帰りの新幹線運賃が消えるという魔法が起こるのでやめておきました。

そろそろイベントの時間も近づきつつあったので、散策を切り上げて梅田へ。

日本有数の駅ダンジョンのひとつ、梅田です。ここやっぱり一人で来てたら迷子認定でした。柱が多くて案内板がよく隠れるし、空間に対して看板のサイズが小さく感じられるし、通路が様々な方向に広がっているし。。。。それでもここに通い続けたら慣れるんでしょうかね。。。。

久しぶりに阪急を見ました。福岡時代ぶりの阪急はナイス癒しスポットでもありました。福岡時代の頃も阪急の中にあるお店で好みのところが多かったのです。。。

梅田も人がとにかく多かったのですが、先ほどの商店街が多かった地域とはまた異なる佇まいの建物が多く、新しい建物がにょきにょきしている気がしました。

お友達のありがたいサポートもあり、イベント会場であるプラチナゲームズさんの所在地に到着です!

10周年記念スタジオツアー編

大阪は天気が午後から悪くなる予報ではなかったのか。。。?
到着した時、かなりその事実を疑いました。タイミングよく開けた青い空に突き抜けるスカイビル。

きっとイベントに超絶晴れ招きさんがいらっしゃったのでしょうね。。。ありがとうありがとう。。。。

受付開始前にすでにフロアに移動しながらも入り口に入っていいのかどうかしどろもどろしていましたら、午後の部参加の方々も続々集まられたので、大人数揃えばこわくない!法則に則りプラチナゲームズさんの受付?入り口?にお邪魔させてもらいました。

しばらくして確認が始まり、奥の部屋に通されました。そこには、大きなだるまさんが!

P3270073

みんなでだるまさん大撮影会。。。!

わいわい楽しんでいましたら、案内が始まりまして、注意事項、イベントの進行方法に続き、スタジオツアーが開始となりました。

今回のスタジオツアーでは、プラチナゲームズさんが本来お休みのところ皆さんが出勤頂いて、通常お仕事をされている所をちらっと見せてもらいつつ、「ゲームが出来るまで」「プラチナゲームズが作ったゲームの試遊」「資料閲覧/VR体験」「プラチナゲームズの人と話そう」の4つのイベントを楽しませてもらいました。

参加者全員が一度に動くと大変なので、参加者を小分けのグループにした上でそれぞれを違う順番で巡っていくという形式のものでした。

私はCグループで、一番最初のイベントは「お話」でした。
いきなり!!いきなりですか!いきなりですね!!!!今回は、大人しく皆さんが質問されることを聞きながらお勉強させてもらおう。。。。と微笑んでいたのですが、そういうわけにもいかず(我慢が効かない性分)、色々お話させてもらいました。同じグループの方々の質問も興味深いものが多かったですし、稲葉さん、神谷さん、橋本さん、斎藤さんのお話も色々と。。。色々とええ。。。話を聞きながら「あっ、これ表に出していい話じゃない本当出せない話だわ」そう感じました。
それとは別に、私が日頃胸に秘めている「そうなのかもなー」と考えていた物事に対して整合が取れたこともありました。
なんともまとまりの無い文章なので、いつもの通りこの時の心理状態を表現した絵を置いときますね。

次に、ツアーガイドの方(プラチナゲームズでゲームを作られてる方)に案内されてやって来たお部屋では「プラチナゲームズが作ったゲームの試遊」が出来ました!準備されていたのは、ベヨネッタ2、トランスフォーマー(特別な設定がされたものと、通常のもの)、ザレジェンドオブコーラ、ベヨネッタの開発PC?でしたよね?、ワンダフル101のマルチプレイを楽しむことが出来ました。開発PCは遊ぶとは違うのですが、様々な状態を見ることが出来るというもの(だったと思う)。そこ、なんであいまいなの?!と思われるでしょうが、私は、ザレジェンドオブコーラが遊びたかったので、もうその事しか考えていませんでした!!!!!すいません!!!!

どんなゲームなのー?と思われる方はこちらをどうぞ。
リンク:THE LEGEND OF KORRA(プラチナゲームズ)
ベースはベヨネッタ的アクションゲームではあるのですが、そこに原作のアニメの要素をプラスしたものになっています。主人公のコーラちゃんを操作して敵と戦うのですが、スピード感のある戦闘の中に、敵の隙をみてチャージ攻撃を織り交ぜるという緩急が気持ちよかったです!
「反応いいね!」
と褒めて頂いて恐縮でした。。。多分XboxOneで遊んでいるアレの影響があります。。。

その後少しだけ時間が残ったので、ワンダフル101のマルチプレイを体験。
マルチプレイなかなか遊ぶ機会がなかったので嬉しかったです!!うれしk。。。。確かに嬉しかったんですけど、101を最近遊んでいなかったので、逆にこちらは操作が非常におぼつかなく大変でした。でも、それでもパーティープレイで通常のストーリーよりも仲間もいっぱいいるし、敵もどんどん出てくるやらで面白かったですよ。Wiiuのコントローラ買い足して家族で遊べるようにしようと思いました。。。

コーラちゃんはですね!本当に素敵でした!お話も気になる。。。元々アニメなんですけど、日本でも放映してほしいなー(NHKでちょっとだけ流れていた時期がある??とのお話も耳にしましたが、実際どうです?)そして日本でも遊べるようになるといいなー。。。下手英語で要望をメールする時代が来ているのかもしれません。。。。アクティビジョンさんには。。。本当なんだか申し訳ないような複雑な気持ちがするのですが。。。でもそれでもっ。。。私は家でもコーラちゃん遊びたいんです!!!(海外アカウントを取得して購入するという作戦もあるんですけどね)

コーラちゃん遊んだ後に、すっかり子ども心に火がついて携わった方が横にいるにも構わず「これ!おうちでも遊びたいです!!」って大興奮で喋ってましたよ。。。おはずかしい。。。

プラチナゲームズさんスキーなので、持っているゲームは多いのですが、日本のアカウントだと購入できないタイトルもあるので、すごく嬉しかったです。

ワイワイ遊んだ後は、制作スタジオ内を巡りながら「ゲームが出来るまで」をかいつまんで教えてもらいました!実際のゲームソフトが出来るまではもちろん膨大な時間を要しますので、それらすべてをというわけではありませんが、それでも様々な部署の方が分かりやすく説明してくださり、大まかな仕組みを知ることに繋がりました。
ざっくりと書くと。。。。

  • アートさん…キャラクター・風景などを描いていく。登場するキャラクターをイメージしながらラフを描き、徐々に細かい部分を描きあげて、3Dに起こしてもらう。3Dに起こしてもらったものを活用して全体(今回はスケイルバウンドのトゥバン@ドラゴンを例に紹介)の大きさ・ラフの過程で見えていなかった部分の描き込みなども行う。
  • グラフィックさん…描かれたキャラクターを3Dの形にしていく。PC上で粘土みたいに形を作れるソフトを使って立体に起こして、細かい部分も作り上げていく。細かい部分を作る際は動植物・無機物などの資料も活用する。作り上げた3DCGはデータ量が大きいのでこのままではゲームに使えない。ゲーム用の3DCGに作り替える。その状態だと細かい部分がほぼなくなってしまうので、それを画像エフェクトを組み合わせたようなものを貼り付けることで、細部表現が出来る。シールを貼り付けたようではあるんだけど、光の位置によって陰影が表現されたりするので、ゲームで見るとしっかり作られているように見える。目の錯覚を使っているらしい。。。3Dのキャラクターが出来たけど、このままでは動けない。
  • モーションさん…3DCGで仕上がったキャラクターに動きを付けるのだそうです。3DCGに骨を通すことで様々な所を動かせるようになるそうですが、それを全部人の手で設定するのは大変。。。なので、骨同士を関連付けさせて1箇所を動かせば他の部分を動かせるようにも出来るそうです。複数の動きを組み合わせることも出来る。(ex:歩きから徐々に走る)
  • 音…ゲーム内の音楽であったり、効果音を作ります。効果音の場合は動きの適切な部分で音がなるように設定していくのですが、キャラクターとの距離によっても聞こえる音を設定したりするそうです。そのおかげで、ゲーム中でプレイヤーが様々なものに近付くと聞こえる音があるんですね。
  • エフェクト…キャラクターの動きに合わせて、効果を付ける。ドラゴンの吐く炎の息を作ったり、地上で戦っているなら土煙だったり。単純な表現を組み合わせることでひとつのエフェクトに仕上がっている。トゥバン@ドラゴンのブレスの場合7~9種類組み合わせている。。。だったかな。。。
  • プログラム…仕上がって来たものを組み合わせて、動かす。実際にゲーム中でどのように動かすかなど調整する。

今回はこういったことを教えてもらいました。もちろん部署は他にもありました。効果音については、急きょ説明してくださったそうです。ありがたいありがたい。。。最後に説明してくださったプログラムの所では、スケイルバウンドの主人公ドルーを操作してトゥバン@ドラゴンと敵を倒す体験が出来ました。(仕上がっているゲームを遊ぶというわけではありません。あくまでも作られている過程の一部で触らせてもらうというものです)

ざっくり。。。ってなんだろうね。。。でも、ある程度ではありますが、こういう事を知って「ゲームを作ってみたい」と夢見ている人たちに実現してもらうヒントにして欲しいですし、遊ばれている人に「こうしてゲームが出来ているのか!」という事をちょっぴりでも感じてもらえると嬉しいです。

最後に「資料閲覧/VR体験」となりました。
資料閲覧は文字通りゲームを作る為に使った書類やイラスト、設定などを閲覧させてもらいました。
私は無限航路の細かい(膨大な)資料に夢中になっていました。

そして、VR体験。。。今回の為だけにVR内のトゥバンを堪能させてもらいました!

おことわり…プラチナゲームズさんがVRのゲームを作っているわけではありません。誤解ないようお願いします。

動いちゃだめだろうなーと思っていたら
「何歩か歩いても大丈夫ですよー」
とのことで、某かにぶつかる手前まで動いてました。やりすぎ、だめ。しかし、動いてもいいVRなんてすごいやつを楽しませてもらったんじゃないですかー!!!!やったー!

そこに誰かいるという認識が完全に飲み込まれるわけではないのですが、今までの映像表現とは一線を画しているので、VRがゲームを今までとは違う面白い世界に引き込んでくれるのではないかと楽しみにしています。。。それが一般的になるかどうかは分かりませんが、楽しいことの可能性を広げるものになってくれると一番嬉しいです。VR。。。がんばれ。。。

そうして時間となりまして、ありがたいお言葉と、素敵なおみやげを頂いてイベントは終了となりました。

終了直後に撮影可能な廊下とエントランスをぱしゃぱしゃ。


コーラちゃんかわいいよコーラちゃん

気になっている方もいるかもしれないおみやげは、帰宅してから撮影しました。

おみやげたち編

袋に結び付けてあったリボンも特別仕様。。。!

お帰りの際小腹を埋めてくださいとのことで頂いた、プラチナ焼き印どらやき。

食べるのはもったいないけど、食べないともっともったいないので、明日食べよう。。。。

プラチナムなお水は、イベント中飲んでも良かったのですが、もったいなくてお持ち帰り。これは日持ちするので、しばらくはこのままで!黒の方はベヨネッタ2発売イベントの時に頂いたもの。(消費期限の都合中身は空)

プラチナムなTシャツ。

ステッカー!

ハンドタオル。優しい色ですね。

「ゲームができるまで」でもらった神谷さんのサイン入りカード。。。。海外のゲームイベントの際ご用意されていたカードかな?背景がキラキラ仕様。

そして、10周年記念パーカー!

後ろがですね。。。

プラチナゲームズのこれまでのソフトラインナップが!

肩に10周年マークが!

大事にします。。。。!

感想編

イベント前からイベント中からイベント後まで、ゲーム/プラチナゲームズ好きな方々とのご縁で繋がった一日でありました。
帰宅後、旦那さんに一日のことをお話しましたら
「本当君は色んなところに友達がいるなぁ」
と、私の普段の動向が分かっているからこその謎の人脈に驚いていました。
(基本引きこもりがち)

今回はゲームが作られる過程のお話が特に丁寧で、込み入った知識がなかった部分に沢山の情報が流れ込んできて嬉しかったです。そして、少しずつの作業が結実して楽しいゲームが出来上がり、遊ぶ事ができるんだという、当たり前の事実を自身の感覚を総動員して受け取ることが出来て、ゲームを好きだという思いがまた深くなりました。

やっぱり、楽しいゲームで遊びたいんですよね。面白いゲームソフトで。
だから、そういうものを作って下さる人たちは特別に応援したくなります。

大変刺激を受けました。だからこそニコニコしていたかと思ったら、胸が苦しくなって険しい表情で考え込んだり、気持ちが転調して忙しいですが、そうやって感じている気持ちが落ち着いた時に、もっともっとゲームで遊べることを喜んで楽しめているんじゃないでしょうか。

良い思い出になりました。ありがとうございました。

追記

イベントにも参加されていた方が、Twitterのまとめサービスを利用してイベントの模様をまとめてくださっています。

リンク:『プラチナゲームズ創立10周年記念スタジオツアー』ツイートまとめ(トゥギャッター)

私ですね!ブログやTwitterでは少し固い文体なので、パーティー感が伝わりませんが。。。イベントは午後の部参加の方々も丁寧な雰囲気の紳士淑女の集まりでですね、本当に素敵でした!楽しくて節度があるって、そう叶う環境ではないので!そういう側面も感じて頂けると、嬉しいです。。。。プラチナムプラチナム。。。。

6 人がよいねしてくれました

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

2件のコメント

  1. 素敵な体験をされましたね。記事を読んで、私も楽しい気分になりました(´∇` *)

    1. 誰でもが出来る体験ではないのですごくありがたい時間でしたし、楽しいゲームを作ってくださる方々に感謝の気持ちを少しだけでも届けられたかな?と思います。楽しむ様子が伝わってより嬉しいです!

コメントを残す