PSVitaドラゴンクエストビルダーズ 感想

ドラゴンクエストビルダーズ

5980円
ドラゴンクエストビルダーズ
76

魅力的なキャラクター

7/10

    物語のボリューム

    8/10

      ロト時代を感じさせる音楽

      10/10

        色々なものを作れる度

        7/10

          オンライン要素

          6/10

            良い所

            • ストーリーがちゃんとしてた
            • 初代~3が好きな人にはたまらない音楽
            • マイクラの面倒な所が良く簡略化されている

            気になるところ

            • ボスがちょっと強すぎるかも
            • カメラの遠近が自由に操作出来ない
            • 壊されたものを修復する作業が苦手な人は辛いかも
            • 協力プレイが出来ない
            • フリービルドモードの素材集めが大変

            PSVita/PS3/PS4で遊ぶ事ができるドラゴンクエストビルダーズの感想になります。
            ここではPSVita版を遊んだ感想になりますが、ゲーム内容は他のゲーム機でも同様のものになります。購入の参考に閲覧ください。

            ジャンル:ブロックメイクRPG
            販売元:スクウェア・エニックス
            発売日:2016年1月28日
            CEROレーティング:「A」(全年齢対象)
            定価:5980円(税抜き・PSVita版のお値段です)
            リンク:公式サイト(音がなります)

            ●面倒くささを廃したマインクラフト

            マインクラフトとは、ブロックで構築された世界を探検しながらプレイヤーが望むこと(探検、ものづくり)を楽しむアクションアドベンチャーゲームなのですが、ゲームで遊ぶ人によっては時間がかかりすぎる部分が色々あります。その面を可能な限り遊びやすい形に作り替えた。。。。それがドラゴンクエストビルダーズだと感じられます。

            マインクラフトは私も長い間遊び続けていますが、以下のような気になる点があります。

            • 一日が経過するのに結構な時間がかかる。
            • ものを壊す際は基本1ブロックずつ。
            • 沢山のものを作ることが出来るが、膨大過ぎて把握することが大変。
            • ゲームを遊び始めて、まず何をしてよいか悩むところがある。(PC版)
            • やられると所持している素材は全てその場に投げ出されてしまう。

            あくまで一例です。私自身は気になる部分についても「これもマインクラフトの味だよね」と思っているのですが、人によってはそれを受け入れられない場合もあるでしょう。

            この挙げたものがドラゴンクエストビルダーズでは以下のようになっています。

            • 一日の流れがマイクラに比べると早い。
            • 必殺技を覚えれば広範囲のものを壊すことも可能。
            • 作れるものは存在するが、多すぎる程ではない。
            • ストーリーモードから開始。チュートリアルも丁寧。
            • やられると、一部の素材が投げ出されるのみ。
            • 壊した(落とした)ものは時間経過で消えることはない。

            もちろん、ビルダーズでもじっくり遊び込むことは可能なのですが、マインクラフトと比べるならば、サクっと遊ぶことも視野に入れた快適さが存在しているので、ゲームに時間を費やすることに限りがある人でも、程よく楽しめるのではないかと思います。

            ●意外だったストーリーのボリューム

            体験版を遊んだ際に、非常にスムーズにストーリーが先に進んだので、ストーリーモードのボリュームはそれほど用意されていないのではないか。と思っていたのですが、これが、まさかのボリュームで、お話もちゃんと準備されていてドラゴンクエストとしても良く楽しむことが出来ました。

            もちろん、通常のロールプレイングゲームと比較すると同等とは言えない量ではあるのですが、派生作品としては満足できる量だと感じられました。お話の内容はここでお話することは出来ないのですが、考えさせられる部分も多分に存在しますし、ちょっと笑っちゃうところもある。。。子どもも大人も気持ちよく遊ぶ事が出来る内容です。

            ●そのほか

            音楽は過去の初代ドラゴンクエスト~ドラゴンクエスト3までの楽曲が使われていて、これらロト3部作が好きな方には嬉しい選曲となっています。登場するキャラクターの名前にも「おっ」という気付きがある人もいるでしょう。

            PSVita版では許可されているソフトならゲーム中にスクリーンショットを撮影することができるのですが、ビルダーズの場合は大抵どこでも撮影が出来るので、自分の作り上げたものを画像で保存しSNS等に簡単に公開することが出来ます。

            新しい要素が登場すると、チュートリアルウインドウで分かりやすく説明してくれるので、かなり分かりやすい上に見落としが少なく助かりました。

            ●総評

            このブログで最近残している感想だと、8点を超えると私の満足度が非常に高いと思うのですが、今回のビルダーズは総評7.6でしたね。

            すごく良い!ってわけでもなくて、もーっちょっとどうにかして欲しかったなぁ。という残念さがあるわけでもない。。。。そういう、可もなく不可もなく楽しめているんだけど、ちょっと配慮してもらえたらもっと良かったのかな。と感じられる。。。。気持ちの複雑さを表現している点数だと思います。

            その複雑さを大きくしているのは次の3点です。
            一番に、ストーリーモードのボス。
            あそこまで個性を持たせる必要があったのかな?というのがありました。
            気付けばなんてことのない戦いなのですが、アクションRPGが苦手な人は途中で挫折するおそれがあります。
            二番に、カメラの遠近操作がないこと。
            カメラを左右・上下に動かすことは操作で出来るのですが、もっとキャラクターに寄りたい時・逆に離れたい時の操作がないおかげで、洞くつに入り込んだ時、建物に入った際の視点が非常に扱いにくかったです。
            どれだけ魅力的な建物を作って、内装に凝ったとしても、見づらいのは辛いですよね。。。。
            三番目が、フリービルドモード。
            素材を集めるのも楽しさなので、それは構わないのですが、様々な地域に旅することが出来る「旅のとびら」が様々な場所に散ってしまっている為、収集に行くのにわざわざ置かれている所までプレイヤーが移動する必要があります。フリービルドモードが自由にものづくりを楽しめるモードならば、ちょっと利便性に欠けるのではないかと感じています。(よりよい武器を作れたら旅のとびらの再配置も出来るのかもしれませんけが、現状出来ていません)

            ドラゴンクエストとサンドボックスゲームの魅力がうまく組み合わさっているからこそ、これらの部分は際立って気になりました。

            今までサンドボックスゲームは面白そうだけど、ちょっと難しそう。と思っていた人には、キャラクターもかわいいですし、お話も楽しめる、そして自分のアイデアで面白いものを作り出せる楽しさも味わえるので、一度手に取ってみて欲しいと言えます。また、ドラゴンクエストシリーズがお好きな方にも、ちゃんとドラゴンクエストなお話部分もありますので、安心して触ってもらえましたらと思います。

            購入をおすすめしたい人

            • ドラゴンクエストが好き
            • マインクラフトで遊んでみたかったけど、なかなか手が出せなかった人
            • サンドボックス系ゲームが好き
            • 軽くゲームで遊んで、終わりたい人
            • ものづくりが好き

            ただし、アクションゲームが極度にニガテな人はストーリーモードでちょっと苦労しそうなので注意が必要です。

            1 人がよいね!してくださいました!

            あーにゃ
            あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

            コメントを残す