3DS 真・女神転生4 感想

真・女神転生4

円(税別・廉価版の場合)2980
真・女神転生4
6.6

やり込み要素の多さ

8/10

    難しい選択を迫られる面白さ

    7/10

      魅力的なキャラクター

      5/10

        音楽

        6/10

          追加要素

          7/10

            良い所

            • 悪魔/天使/神様の類と沢山遊べる
            • 最上の救いがないところ
            • 追加要素(配信)を活用して難易度を下げられる

            気になるところ

            • 簡単に難易度を下げられる
            • ルートによってはクエストが膨大
            • フィールドで迷子になる

            現在廉価版も販売中。2016年2月10日には、同様の世界観で展開される真・女神転生4FINALが発売される、真・女神転生4の感想になります。

            クリア済み感想になりますが、ネタバレはありません。購入の参考になりましたら幸いです。

            ジャンル:RPG
            販売元:セガ(アトラス)
            発売日:2013年5月23日
            CEROレーティング:C(15歳以上のみ対象)
            定価:2980円(税別/廉価版の場合。ダウンロード版も同価格)
            リンク:公式サイト

            ●3DSかよ!とか様々な葛藤につきましては

            真・女神転生シリーズを遊びたい!という方におかれましては、お気持ちお察しします。
            (あと、金子さんの絵が。。。などですね。。。)
            そういうあたりの葛藤はここでは記載されておらず、淡々と個人の感想を記す場所になっております。真4を遊ぶにあたって、私は相当色々悩んだりしましたのですが、そういう意見をお探しの方は関連記事を探してみてください(エントリ下部に表示されているかも)。

            ●中世風?と思いきや

            真・女神転生シリーズは、現代に非常に近い世界観を持たせた内容になることが多いのですが、真4では始まりはこれまでとは一線を画した始まり方になっています。そういう意味合いでは従来シリーズを遊んでいる方からすると驚かれるかもしれませんし、RPGが好きな方なら「よくある世界観」と受け取られるかもしれません。

            始まりは拍子抜けするくらい魅力が無いように感じられましたが、それは序盤の話で、ある程度話を進めることで良い意味でどんどん予想が裏切られていく展開が起こります。

            ●敵が強い?難しい?

            一部のアトラスのゲームは、難易度が高めに作られていて、とにかくよくゲームオーバーをするという話を耳にされる人もいるかもしれません。真・女神転生シリーズもそういう類なのですが、この真・女神転生4ではゲームを遊んでいるシーンならいつでも難易度を調整することが出来ます。遊ぶ側が手ごたえを感じたくなれば途中で難しいレベルを選んでも良いし、逆にうまく遊べなければ難易度を下げることもできます。

            また、ダンジョン内であってもどこでもセーブ/ロードも可能になっています。小まめにセーブをしていれば、万が一全滅をしてしまってもすぐロードすれば全滅直前に戻れますね。また、全滅してしまったとしても、三途の川の前で一定のマッカ(ゲーム内通過)、あるいは3DS本体のゲームコインを支払うことで全滅直前まで戻してもらうことも可能なのです。

            す、すごい。。。真4やさしすぎる!!
            ちょっと優しすぎるだろ!!という従来シリーズプレイヤーさんもいることでしょう。
            大丈夫です。いつでもセーブ/ロードが出来るということは、いつでも全滅に追い込まれる可能性がある。と捉えることも出来ます。通常戦闘においては、手を抜いてると難易度を下げていたとしてもピンチになることもあります。そういう意味合いではプレイヤーに寄り添ったようでありながら、メガテンらしい難易度調整と言えるでしょう。

            敵と戦うシーンは、分かりやすいコマンド選択(ドラクエやFFのような形式)なのですが、敵の弱点を突くことで行動回数が増減する「プレスターン」というものも導入されています。分かりやすい戦闘なのですが、プレイヤー側の弱点を突かれると一気に窮地に追い込まれることもあります。それにより一定の緊張感を保って戦いを楽しむことが出来ます。

            ●そのほか

            このゲームは、プレイヤーの選択によってエンディングの形が変化します。
            様々な場面で選択を迫られる主人公ですが、それぞれ魅力的な展開が待っていますので、一度クリアしておしまい。ではなく、是非それらを味わい尽くしてほしいです。円満解決ハッピーエンド!というのはメガテンのゲームでは縁遠いので、そういうものではない。と初めてこのシリーズを遊ばれる方は認識しておいた方が良いかもしれません。

            敵であり、交渉することで仲魔になってくれる悪魔が沢山存在します。敵と交渉するのもこのゲームの醍醐味です。
            そこに今回は慣れることでボスモンスターとも交渉が出来ます。悪魔交渉については、今回は意外な部分に「遊び」が込められてもいるので、是非様々な敵と語らってみると良いでしょう。

            実は音楽のいくつかが、過去の真・女神転生の楽曲を交えたものになっています。シリーズプレイヤーさんなら「この曲は!?」と気付かれることもあるでしょう。

            ●総評

            総評は今回6.6となっていますね。

            敵がシンボルエンカウント(ダンジョンやフィールドで敵の姿があり、ぶつかることで戦闘になる)になったり、それまでの真・女神転生シリーズとの違いで、様々な印象を持たれた従来プレイヤーさんも少なくないのですが、そういう色眼鏡を外してみれば、存分に楽しめるRPGになっています。

            この感想を記すにあたり、あらためて遊びなおしたのですが、主人公の拠点にしても、物語が進むたびに町の人などと会話をすると、かなり言葉が変わっていきます。ゲームの世界を楽しむ上で、些細な所なのですが、それがしっかりと練り込まれていることが嬉しかったです。また、敵との会話についても「あ、こんなこと出来たんだ!!」という驚きを禁じ得ない展開を楽しめる事もあります。

            物語については、人間の業を感じられる、普通の「王道」ではないですけど、「メガテンらしい王道」と書けばよいでしょうか。

            ダウンロード配信されているコンテンツをいくつか活用することで、難易度を非常に下げることが出来ます。
            「ゲームで遊ぶ時間が限られるけど、でも買ったからにはクリアしたい!」
            と思われる方にとっては、渡りに船。良い提案だと思いますが、闇雲に利用してしまうと、このゲームの魅力である歯ごたえがなくなってしまいますので、それらは適度に利用されることをおすすめします。

            すれ違い通信では、他のプレイヤーの悪魔と自然に合体させることも出来ます。
            「勝手に合体して欲しくない!」
            という人は、設定を変えることで、すれ違い通信用の仲魔をステータスアップさせるだけに切り替えることも出来ますので、そちらを利用すると良いです。これにより序盤の仲魔をおそろしいステータスにすることも出来ます。

            周回要素がありますので、最初はクリアするまでに時間がかかるかと思いますが、2周目以降は主人公も強化されたままプレイできますからかなり楽に遊べるでしょう。(それでもやられる時はやられる)

            気になるのは、フィールドで迷いやすいところ。
            これが一番です。慣れていない人は分かりづらいですよね。もう少し分かりやすくても良い気がします。フィールドで途方に暮れるというのも昔のゲームならよくある話だったのですが、今時の人はここで頑張る根気がありますかね。。。

            ここの感想をご覧になって、もし
            「いや、やっぱり真4はちょっとなぁ。」と感じられる人がいましたら、ストレンジジャーニーの方をおすすめします。

            真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)

            新品は価格がおかしなことになっていますので注意。

            総評6.6。。。もう少し高くても良いかなぁと思うのですが、物語の序盤においては動けるエリアも限られて、ゆっくり変化していく印象で「もっと変化を!」と渇望していましたし、今回は登場するキャラクターがぴったし好み!というわけでもなかったので、適当ということで。

            ただし、ゲームの遊びの部分、そしてボリュームについては十分すぎるくらいよく出来ているので、RPGをがっつり!というのでしたら、是非手に取って遊んでみてほしいです。

            2 人がよいねしてくれました

            あーにゃ
            あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

            コメントを残す