XboxOne大感謝祭(主にスケイルバウンド堪能)に行ってきました!

2015年の東京ゲームショウではマイクロソフトの出展がありませんでした。
あの緑色のブースがないというのは何とも寂しいのですが、日本におけるXboxOneの孤独を考えると出展されないのもやむなしと言いますか、割に見合わない所もあるのでしょう。

ですが!9月26日!!XboxOne大感謝祭が東京品川で催されるそうなので行ってきました!

リンク:XboxOne大感謝祭in Tokyo Osaka(Xbox.com)

目当てはもちろん、プラチナゲームズさんのスケイルバウンドのステージです。

リンク:スケイルバウンド(Xbox.com)

リンク:スケイルバウンド(プラチナゲームズ)

※以下写真多め

品川駅西口から出て、徒歩5分の会場とのことでしたので、迷うことはないかなー?と思ったのですが、駅近くの商業ビルをかいくぐるように向かう道が最短ルートでしたので、大回りされた方などは迷われたかもしれません。

道中の坂道付近で、イベントの方がプレートをかかげていらっしゃったので位置を改めて確認しましたら、会場前で並んでいますよ。とのこと。このあと、坂を上っていくと奥の方にやたら並んでいる人たちがいて
「ま、まさか!!これが大感謝祭列っ。。。!?」
と、非常に焦ったのですが、それは別のイベントだったようです。

ハラハラとしながら、歩みを進めると、商業ビル的建物の脇に並んでいる方々が。

あっ、結構いる。。。というか、めっちゃ並んでる。。。。
同伴してくれた娘さんも「すごい人いるね!」と大興奮です。
私の周辺ではXboxOneを所持している人がいない(Xbox360からのフレンドさんは除く)ので、もうなんかすごい寂しかったんですよ。内心「うわあああこんなにたくさんの人がいるうううう」と絶叫しておりました。

開場前に案内があり、人気のソフト(フォルツァ、トゥームレイダー、レインボーシックス)は整理券配布形式になっておりました。大阪でイベントに向かわれる予定でこれらをどうしても遊びたいという方は注意が必要だと思います。

開場して、ゆるやかに列が進み。。。

おじゃましまーす。

お花が飾られていたけど、あわてて撮影したのでブレブレ。

会場の配置とCERO表記。
東京ゲームショウ参加時もなのですが、娘同伴の時は特に大事にしています。
つまり、今回のXboxOne大感謝祭は娘さんが遊べるようなゲームしか体験できないなぁ。というところ。。。

会場はXboxのイメージカラーである緑色ベースで、時々照明の色合いで雰囲気が変わるつくりになっていました。

そんなに広さはないのですが、奥行きがありましたし、2階には個室が沢山準備されて、こういう体験会向きの部屋だな!と感じました。

東京会場ではステージで催されるイベントはスケイルバウンドの紹介のみで、それ以外のコーナーはスタジオ用に準備されたお部屋で進められているようでした。

入場した時間は11時過ぎ。うーん何かゲームを遊ぼうかと思いましたけど、ステージ目前中央付近に陣取れた都合、ここを離れるのも心苦しい。。。と思案していましたら、お隣にプラチナゲームズ好き仲間が!!ご挨拶したり、スケイルバウンド楽しみすぎる。出てきたらめっちゃ手を振るべきか!?などとお話を楽しませて頂きました。

娘とも仲良く話をしてくださり感謝です。。。!

メインモニターに映されているコーナーが進みまして、ステージに椅子が準備されはじめ。。。

手前のモニターにスケイルバウンドの文字が!右側のコントローラーを見るからに実際にゲームで遊ぶ様子を見せてもらえるようです。。。!

スケイルバウンドのステージが始まる前には、結構なひとだかりになっておりました。

時間になりまして、ステージの開始です!

すでに海外のゲームショウではスケイルバウンドの紹介がこのような感じで行われていたのですが、日本で行われるのはこれが初めて!初!!直接素敵な話を伺えます!

スケイルバウンドは、ジャンルがアクションRPGになります。
プラチナゲームズさんと言えば、ゲームがお好きな方ならアクションゲームのイメージが強いかもしれません。(詳しくはこちらをご覧になると良いです)実際そういう方向のゲームが多くリリースされていますしね。ですが、今回のスケイルバウンドはアクションRPG!RPGとついているからには、プレイヤーが主人公の体験する物語をより追体験できる感触が備えられているのでしょうか。。。。?

すごく丁寧にスケイルバウンドについて説明される神谷さん。めっちゃ覚えてこられたそうです。

どのように遊ぶのか実際に見せてくださいます。
プレイして下さる方のお写真がどうもうまく撮影できなかったようで、無いのですが、いや、無い方がよかったでしょう。。。。(理由はのちほど明らかに)

すでにプロモーション映像でもご覧になれるシーンからスタートです。

主人公ドルーは色々経緯があって、スケイルバウンドで冒険することになる異世界に舞い込み、ドラゴン(トゥバン)と運命共同体として生きていくことになります。敵対する人や生き物と戦いながら冒険を進めていくことになるんですよね。

トゥバンには何種類かの指示を出すことが出来るそうで、それにより超強力な攻撃をしてもらうことが出来ます。もちろん、主人公のドルーも様々な攻撃手段を持っているそうで、使うことが出来る武器の種類も様々。ただし、スケイルバウンドでは所持数が限られているので、どの武器を持っていくかなど選択する必要があるそうです。

武器には耐久性があり、ゼロになってしまうと使えなくなるかもしれませんね。。。

トゥバンかわいいよトゥバン。

大きな敵に対しては、特にトゥバンの攻撃が有効なのですが、主人公のドルーがそれを支援することで戦いがより進みやすくなるそうです。写真は敵の行動を妨げるアイテムをドルーが投げて発動したところ。

直接大型の敵に設置することも出来るそうですが、今回はうまくいかず。。。でした!

また、大型の敵にはりついて様々な攻撃を行うことも出来るそうです。

大型の敵は部位破壊も可能だそうです。それによって得られるものもあるのかな。
ドルーの特殊能力として、ドラゴンの力を借りて変身することが出来たり、派手な必殺技のようなものを使ったりも出来るそうですが、今回のデモプレイでは写真の敵が、崖から落下。
「ああーっ。
 強い敵は崖から落としても倒すことが出来るんですがね。今はやっちゃいけないことでした。
 一番やってはいけないこと。。。。」
稲葉さんが仰ってました。。。。そう、その部位破壊が色々出来る様だったり、派手な必殺技だったりが見られなかったのです!!残念。。。です。。。!!!

ですが、敵もトゥバンもAIで自律して動いているわけですから、こういうプレゼンで思った通りの紹介が出来ないところが非常に大変だそうです。そうですよね。。。。ある程度は仕方ない。。。

スケイルバウンドでは、雄大な自然も楽しんでほしいとのことで、風景にも力が入っているそうですよ。
地球上ではありえないような浮島も多く見られましたが、それらは舞台になる異世界の力が作用しているようで、この力をドルーも攻撃やドラゴンであるトゥバンの体力回復にも役立てることが出来るそうです。

あと、トゥバンに攻撃すると、すっごい怒って主人公ドルーに向かってきます。
あれはすごい怒ってた。。。

様々な敵と戦うことになるフィールドではありますが、この時見ていた風景は清々しかったです。

ドラゴンのトゥバンはかなり大きいので、小さい通路などは主人公のドルーと一緒に入ることが出来ません。そういう時はドルーひとりで出現した敵と戦う必要があるそうです。ですが、トゥバンが通路には入れなくとも支援出来そうな場所にいれば、支援してもらうことも可能です。

そうなっちゃうと、トゥバンにばっかり戦わせてしまいそうなんですけど、主人公で戦うと良いこともあります。

倒した敵を結晶化して宝石として持つことで、異世界の通貨のようなものであったり、トゥバンの強化といったものに活用できる。。。つまり、強くするきっかけを作れるそうです!

洞窟の中を進むトゥバン。
ダンジョンによっては、トゥバンによって道を拓いてもらう必要もあるそうです。

更に詳しくまとめた映像も上映されました!
トゥバンの見た目を変えることが出来たり、防具(鎧のようなもの)を付けることも出来たり、主人公ドルーの武器は武器スペースのような枠内に収めていくつか持ち歩ける形式だったり。。。ということがばばばばば!と紹介されました。

このイベントで見ることができたシーンは、全体の1%にも満たないらしく、相当広大な物量を製作中なのだそうです。稲葉さんが「神谷と仕事をするといつも大変」「今回も大変」「大変だけど、今回のゲームもすごいものが出来るぞという感触がある」というようなお話をされていました。

音楽も格好良かったり、壮大な世界を感じさせるようなものが流れていました。そちらの方でも楽しみですし、とにかく!スケイルバウンドの世界を隅々まで歩いてみたい!そういう気持ちにさせられました。

最後にステージが終わってから、神谷さんとJPさんが戻ってきて下さって、ファンの方々にサインであったり写真撮影をしてくださったりしました。その際にお話をさせてもらいまして、楽しみにしている旨、またゲームを作られているみなさんに、体を大事にしながら、面白いゲームを作ってください!楽しみにしています!!という言葉を伝えさせてもらいました。

昨年はベヨネッタ2の発売記念イベントでお会いしまして、今年もこうやってお会いする機会がありまして、本当にラッキーだなぁ。。。ありがたい(拝もう)という気持ちいっぱいでした。

プラチナゲームズさんのゲームは、楽しく遊べるものが多くて、今の時代今の私でなければそれを触れることは叶わなかったと痛感することが多いので、巡り合わせに感謝するばかりです。

最近ブログではあまり、プラチナゲームズさんの話題を特別取り上げたりということはしていませんが、応援していますので。。。!時々草葉の陰から飛び出して応援しますので。。。!

その後、2階にまわりまして
「まいんくらふとーーーーまいんくらふとがいいー!!」
という娘様と向かいましたら、結構列が出来ていましたので、プロモーションも流れていた「KYUB」というゲームを娘さんに遊んでいただきました。

ルールはシンプルで、自分が操作する立方体(キューブ)をスタートからゴールまで動かします。
しかし、途中で障害物や邪魔者がありますので、それらをやりすごしたり、移動させたりしてプレイを進めます。
見た目も可愛らしいのですが、様々なひっかけが随所に隠れていて油断して進むとすぐ失敗しちゃいます。

この時は、教えてくれる方々が娘にも丁寧に日本語で教えてくれましたし(多分開発の人たちなんじゃないかなぁ)、ちょっと難易度が高めのステージであること、全80ステージが準備されている中の10ステージ目くらいなこともお話してくれました。

「最初から遊ぶと、ルールが手になじんでくるよ」
ということもお話されていました。確かに。

お値段はダウンロード専用で1000円くらいになるかも?とのことなので、配信開始されたら遊んでみます。のーみそこねこね系のパズルゲームです。

 

●おわりに

Xboxの公式イベントって、なかなかタイミングが合わず行くことが叶わなかったのですが、行列形成の際の案内も丁寧でしたし、会場内の雰囲気も良く、気持ちの良いイベントでした。

XboxOneは触り心地も良いし、ゲーム機が持ってる機能をゲームソフトで遊びながら楽しめる機能も良くなってきていますよね。惜しむらくは宣伝方法とか、流通が縮小傾向で、ゲームソフトをふと「買いたい!」と思った時に既に無い!!!ってところですよね。キネクトはかわいいし。海外のさまざまなゲームに触れられるし。。。。

それも徐々に他のゲーム機にスキマを埋められてしまっているので、そういう中でXboxOneを選んでもらうというのは、特に日本では厳しいところですが、ゲーム機スキーさんテレビゲームスキーさん達に大切に遊んでもらえるといいなぁ。と、ずっと思っています。

あ、イベントが終わってから、エプソンアクアパーク品川に立ち寄りました。

ショーとして完成されたイルカショーを楽しむことが出来ました。
光とウォーターカーテンの演出が面白かったです。
入館料が割高ではありますが、たまには、こういうのを楽しむのも良いかもです。

そうでした。スケイルバウンドのドラゴン、トゥバンには乗ることも出来るそうですよ!

8 人がよいねしてくれました

あーにゃ
あーにゃです。テレビゲーム好きが高じて、遊んだゲームソフトの感想を記すことが好きです。子どもがいますので、子どもとゲームの付き合い方に一家言あります。テキスト作成でご依頼ありましたら、メールフォームからお問い合わせください。

コメントを残す