おうちを建てる前に考えておきたいこと~価値編~

こんにちは。
ローンの仮審査を複数お願いしていたので、その後他の金融機関さんからも審査の結果を頂いています。
私たちは先立つものが無いのでローンを組むのですが、貯められるならば貯めて支払えた方が良いと思いますよ。

さて、今回はふと思い出しましたので、自分の家を持つ前の段階のお話をしたいです。
高額な買い物ですからこそ、自分が何を求めているかを考えるのは大切だと思います。
と、いうわけで今回は「価値」についてお話します。

1,家における価値とは

自分の家が欲しい。そうなった時に選択肢が複数あることは分かりますよね。

  1. 新築戸建て
  2. 新築マンション
  3. 中古戸建て
  4. 中古マンション

このような形になると思います。
それぞれに良さがあることも分かると思います。

  • 新築…新しい設備を整えられる。自分たちの好みに合わせやすい。
  • 中古…新築より価格が下がる。

人によって「マンションはだめだ!」とか「戸建ては時代に合わない!」などの強いこだわりを持つ人もいますが、私は双方に良さがあると思います。

  • 戸建て…他の家と空間が多少なりとも離れているのでプライベート感がある。新築の場合は希望の間取り、設備を導入できる。
  • マンション…堅牢な建物なので、新しいほど災害に強いと思われる。防犯性能が高い。交通アクセスが良い所にある場合が多い。

もちろん、気になる部分もあります。それはまた別のエントリを設けて考えていきましょう。
今回は、家の価値についてです。それにはまず、土地と建物について考える必要があります。ここは、意識しないと考えないポイントなのですが、時代によって土地の価値も上がり下がりしますが、それとは別に建物は時間経過でどんどん価値がなくなっていきます。それは、時が経てば物は何であれ劣化していくからです。どれだけ良い内装にしても、設備を入れても、修繕をしても、建ててから10年程度で建物の価値はほぼゼロになるそうです。

…ちょっと悲しいですけど、考えてみればそうですよね。
お気に入りの服であっても、何度も着用して年を経ると見栄えも悪くなりますし、破損も出てきます。そういったものを買い取ってくれるお店があったとしても、その買取金額は微々たるものがほとんどです。これは、家でも同じことが言えるのです。

では、土地はどうでしょうか。
建物のように価値がゼロになることはありません。
時代によって大きく価値が下がる場所が出てくることは考えられますが、適切な場所を選べば下げ幅は軽減されることでしょう。

家の価値を考えるということは、土地の価値を考えると思ってもらって良いです。

2,なぜ価値を考えるのか

昔の人はどうだか分かりませんが…。
私と旦那さんが、家を持つにあたって様々な議論を重ねた結果
『子どもに迷惑がかかってはいけないよね』
という意識が出てきました。

これは、元々私の実家が戸建てで、戸建てのはじまりと終わりを目にしているから感じる部分かもしれません。
実家は土地が複数あるのですが、それぞれに税金がかかります。過疎地ですから高額な負担になっているというわけではありません。ですが、居住が終わった住宅はそのままにはしておけません。取り壊し手続き・費用というものがかかります。

そうして、価値がある土地・子どもが改めて家を建てたいと計画している土地ならば、譲り渡すのも悪くないのですが、そうでない場合、他者が使ってくれるような土地の方が手放しやすく、取り壊しの際必要な経費も捻出できるのではないかと考えたのです。そうすることで、次の世代への負担を軽減したいのです。

そうなると、価値がある土地に、それなりの家を建てたいと考えるようになりました。

3,マンションはどうだろう?

先に記しました通り、価値が残るのは土地です。
都市部のマンションは軒並み駅に非常に近い場所に建っています。一部屋数千万~億も下らないお値段がします。
新築マンションの場合は、その建物に付随した防犯性能、ホスピタリティ、室内の設備のお値段も含めて考えても良いですが、中古マンションの場合、その立地に住むための値段と考えた方がよいでしょう。特に築年数が古いマンションの場合、販売価格が数千万!中古マンションなのに!と思われるかもしれませんが、その地域の人気が高い場合土地の値段と解釈できます。

そうなると、どのようなマンションの場合価値が高いのか。となると、自ずと都市部に近い・アクセスしやすい駅のもの。と考えることが出来ます。

4,おわりに

これから段階的に、私が戸建てでもいいんじゃないかなぁと考えが固まる過程を記していくのですが、一番大切なことは「自分がどう生きたいか」というところです。そこがブレることがなければ、将来設計も多少ズレはあっても形が見えてきますし、おうちを含めたお金のイメージも見えてくるのではないでしょうか。

こういうイメージ作りは早いうちが良いと思います。このブログのエントリをご覧になった方の生活のイメージ作りを手伝えるように情報を整えていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です