投稿日:

楽天クラッチ募金がネパール大使館に届けられました

以前、フクシアを通じて楽天を利用頂いた際に発生していた楽天ポイントを、楽天クラッチ募金という形を通じてネパール大地震向けに提供しましたが、集まったポイントと同等の金額がネパール大使館に届けられたようです。

リンク:楽天クラッチ募金(楽天)

参照:楽天ポイントを楽天クラッチ募金を通じネパール地震被害支援募金に提供しました。

これからも、フクシア、個人的に更新しているブログを通じて集まったアフィリエイト料を貯めて、天災支援に役立てていきます。

投稿日:

楽天ポイントを楽天クラッチ募金を通じネパール地震被害支援募金に提供しました。

楽天ポイントは、商品購入の割引に使うだけではなく、楽天クラッチ募金というものに使うことが出来ます。

リンク:楽天クラッチ募金(楽天株式会社:社会貢献活動)

こういうものがちゃんとした形でお金が提供され、使われるのかどうか?という心配もあるのですが、リンク先をご覧になってもらえると分かります通り、事後報告もされているようですので、こちらの形を使ってネパールの方々が再び落ち着いて暮らせる活動に役立ててもらえましたらと祈ります。

なお、集まったお金は楽天を通じましてネパール大使館に寄せられるそうです。

以下スクリーンショットによる提供のログです。
クラッチ募金経由で事後報告が公開されましたら、こちらでもご報告させてもらいます。
続きを読む 楽天ポイントを楽天クラッチ募金を通じネパール地震被害支援募金に提供しました。

投稿日:

1回目お届け先からの便りの紹介

こういうものが届きます

フクシアの初回目標金額の5万円。
それはNPO法人カタリバが運営する大槌臨学舎宛に届けさせてもらいましたが、それ以降カタリバさんからは定期的にメールマガジンや封書が届きます。

参考:NPO法人カタリバ

メールマガジンは結構頻繁なので、それを毎回紹介していてはこのサイトがカタリバさんサイトになってしまうので、今回は封書を紹介したいと思います。

こういうものが届きます
こういうものが届きます

メールマガジンでも書かれていたのですが「震災時小学六年生だった子が、高校受験の時期」なのですね。
学びを求める人が、しっかり勉強できる。そういう機会が守られていることを願っています。

この時の封書の中身は、定期的な支援のお願いと、メールマガジンに書かれていたことが紙面になったものです。

今回の同封物
今回の同封物

災害に遭遇して、時間が経過することで支援の形はつらい思いをしている人たちそれぞれにマッチしたより細やかなものになる必要があると思うのですが、細やかな助けは活動の複雑化にもつながります。
現在直接助けが必要な人たちに接される方々の中には、非常に厳しい状況でありながらも助けを行っている人もいるかもしれません。

フクシアは、助けが必要な人たちを少しでも支えられる、そういう資金源になれたらと思っています。